日本四大工場夜景・神奈川県川崎市の屋形船クルーズで萌え萌え体験

写真拡大

空気が澄んで夜景が美しいこの季節。

いつもとはひと味違った夜景を楽しむのはいかがだろう? 今、注目されているのが臨海地域の工場夜景。

日本の経済を支える工場は夜も休まず、そして美しい光の洪水を見せてくれるのだ。

冬になると空気中のホコリが取り除かれ、景色がクリーンに見える。

つまり、「冬=夜景を見るのに最適な季節」というのは夜景好きにはもはや定説。

しかも、寒いからと理由づけして恋人と身体を寄せ合って見れば、これ以上、盛り上がるなんてもんじゃない! まさに冬の夜景は恋人たちのためにあるようなものだ。

しかし、恋人がいない人は夜景を楽しんじゃいけないの? 確かにロマンチックな有名夜景スポットとなれば、カップルが多くてシングルにはつらすぎる……。

既にカップルだとしても、もうある程度の夜景は見つくして、ありきたりじゃつまらないって感じもするし……。

という方におすすめなのが、昨今話題の工場夜景。

工場の夜景? そう言われてもピンとこないという人も多いかもしれないが、今、都市圏にある大きな工業地帯の夜景が人気を呼んでいるのだ。

そもそも、工場ブームなるものがスタートしたのは2006年〜2007年頃。

テレビの深夜番組で取り上げられたのがきっかけだそうだが、やがてその工場の夜景にも注目が集まるようになった。

工場に萌え萌えする“工場萌え”の人はいまだ増加中で、DVDや写真集なども数々発売されている。

中でも人気なのが、北九州市、室蘭市、川崎市、四日市市の工場夜景で、2011年に開催された「全国工場夜景サミット」では、その4カ所を日本四大工場夜景とする共同宣言を行っている。

その中から今回訪れたのは、川崎市の京浜工業地帯の夜景。

京浜工業地帯は東京、横浜、川崎の臨海地域を中心に、千葉県や内陸部の埼玉県にまで南関東に広がる一大工業地帯で、第二次世界大戦後の高度成長期に急速な発展を遂げたものだ。

中でも川崎市の臨海地域には主要な工場が立ち並び、近未来の宇宙ステーションのような独特の景観を作り上げている。

そんな川崎ではスタディツーリズムとして工場夜景を見るコースを数々設けられているのだが、今回はその中から、運河からの夜景を楽しめる屋形船クルーズに参加。

このコースは、浮島・小島町エリアなど、工場が密集して車が入れないところの工場も運河側からゆったり眺められるのが魅力だ。

純粋に工業地帯の景観を楽しむ感じがして、これならうら寂しいシングルでも、他人に嫉妬することなく夜景を眺められそうだ。

 まずは川崎駅からに集合し、マイクロバスに乗って塩浜の船着場へ。

参加者にはもちろんカップルもいるが、夜景マニアや工場マニア、ちょっと変わった観光を楽しみたい好奇心旺盛なおばさま方も集まり、車内は工場夜景への期待に胸ふくらみ既にわきあいあい。

よりよい写真を撮るため、持参したカメラの細かな撮影設定にも余念がない。

市街地を抜ければ既にバスの窓からも、まるでH・R・ギーガーのアート作品のような近未来的なプラントが見えてくる。

煙突からは炎が見えるが、それは“フレアスタック”と呼ばれるものだそうで、ガス処理施設、製油所やガス処理施設などから出る余剰ガスを無害化するために焼却した時に出る炎なのだとか。

そんな景色を眺めているうちに、塩浜の船着場に到着した。

ここから純和風の屋形船に乗船するのだ。

まだ空は明るくベイブリッジやランドマークも見える。

やがて川崎の運河を進み始めた船は、ゆったりと京浜工業地帯を巡っていく。

だんだんと日が暮れて、工場に明かりがともり始めると水面もオレンジに染まり、幻想的な雰囲気を醸し出す。