ジュン運営「ジャイロ」創立25年でブランド休止

写真拡大

 ジュンが運営するウィメンズブランド「Jayro(ジャイロ)」と「JAYRO white(ジャイロホワイト)」が、今冬で展開を休止することがわかった。全国に展開している約50の店舗は、2月を目処に順次閉店するという。両ブランドの休止について、公式サイトを通じて「1987年にジャイロブランドが誕生して以来、25年という永きに渡り多くの皆様にご愛顧いただき、スタッフ一同心より感謝いたしております」と発表している。

Jayroがブランド休止の画像を拡大

 「JUN(ジュン)」や「ROPE'(ロペ)」に続くジュンの新ブランドとして1987年にスタートした「Jayro」は、元気でセクシーな"冒険心"を持つリアルクローズを提案し、「東京ガールズコレクション」の創世記から2010年にかけてステージに頻繁に登場するなど若い女性を中心に支持を獲得。2000年には"現代(いま)"を楽しむ女性がターゲットの「JAYRO white」も立ち上げ、原宿の路面店をはじめ、全国のマルイやパルコ、百貨店などに販路を広げていた。

 同社は「Jayro」と「JAYRO white」以外に、モデルの梨花が手がける「Maison de Reefur(メゾン ド リーファー)」や海外進出に力を入れる「Rope' Picnic(ロペピクニック)」など他の女性向け業態を抱える。また、2月14日には「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」の国内初となる路面店、5月中旬(予定)には新業態のウエディングセレクトショップ「THE SURREY(ザ・サリィ)」といった新事業をスタートする計画で、今後は他ブランドなどの展開に注力していく。

■Jayro/JAYRO white
 http://www.jayro.jp/