【うちの本棚】147回 ペイルココーン/板橋しゅうほう

2013年、本年もよろしくお願いいたします。今回の「うちの本棚」は、板橋しゅうほうの『ペイルココーン』をご紹介いたします。

板橋作品の原点として、SFコミックの忘れられない1作として、ぜひ読んでいただきたい作品です。

【関連:146回 クレドーリア621年/文月今日子】
 
■ペイルココーン/板橋しゅうほう

板橋しゅうほう最初期作品にして代表作である『ペイルココーン』は、みのり書房の「月刊OUT」に77年5月号から78年11月号にわたって連載された(本書奥付のデータによるが、『大江戸編』は増刊の「ランデブーコミック」に掲載された)。

アメコミを意識した画風は初出時には異色で、正直あまり興味を持てなかったのだが、中盤、コメディー色が強くなってから次回が楽しみになっていた。そう、わりとハードなSF作品として出発したはずだった本作は途中一変してSFコメディと言っていいほどのオモシロ作品になってしまう。アニメや特撮ネタが随所に登場するのも楽しみだった。

結果的に1年半の連載期間となったものの、単行本は全1冊という分量だったのは、途中休載期間があったり、初期には掲載ページ数が少なかったためだろう。また単行本化に際して加筆され、ひとつのストーリー作品としてまとまったのはよかった。

まぎれもなく板橋の代表作のはずなのだが、本書刊行後はソフトカバー版が刊行されただけで最刊行の機会が少ないのは少々残念ではある。リアルタイムで読んでいないとわかりづらいアニメ・特撮ネタが多いのは否めないところだが、板橋作品の原点という意味でも復刊してほしい作品のひとつではある。

書 名/ペイルココーン
著者名/板橋しゅうほう
出版元/東京三世社
判 型/A5判ハードカバー
定 価/980円
シリーズ名/MY COMICS
初版発行日/1980年11月10日
収録作品/ペイルココーン

ペイルココーン

(文:猫目ユウ / http://suzukaze-ya.jimdo.com/