【男性編】一度は会ってみたいゆるキャラランキング


かわいくて個性的なゆるキャラが人気





テレビの番組にもたびたび登場するゆるキャラ。「ゆるキャラグランプリ」なるコンテストも毎年開催されてますます知名度もあがっています。地域の特色を売り込むための親善大使として活躍中です。今回は、441名のマイナビ会員の男性に、一度は会ってみたいゆるキャラのアンケートを行いました。今はどんなゆるキャラが人気なのでしょうか?ゆるキャラグランプリで辞退したゆるキャラもランクインしていますよ。





Q. 一度は会ってみたいゆるキャラを教えてください(複数回答)

1位 くまモン(熊本) 28.3%

2位 ひこにゃん(滋賀) 27.4%

3位 せんとくん(奈良) 13.8%

4位 いまばりゆるきゃら バリィさん(愛媛) 8.6%

5位 ぐんまちゃん(群馬) 3.9%

5位 ふっかちゃん(埼玉) 3.9%







■くまモン(熊本)

・「今年くまもんののったいきなりだんごのチロルチョコがでていて興味があったので」(26歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分の中ではゆるきゃらナンバーワンなので」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「会社にグッズがあるのは見たことがあるので、一度実物を見てみたい」(27歳/電機/事務系専門職)





■ひこにゃん(滋賀)

・「ぬいぐるみは持っているが一度も会ったことがないから」(36歳/通信/技術職)

・「全国的に有名・人気のキャラクターだから!会ってみたい」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「ゆるい感じでなごむし、一度は見てみたい」(33歳/情報・IT/技術職)





■せんとくん(奈良)

・「ゆるキャラのパイオニアだから」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「どんな風に気持ち悪いか実際に見てみたい」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「テレビでは何度も観たことがあるけど、雰囲気も悪くないので、廃れる前に一度は生の本物を見ておきたいから」(40歳/機械・精密機器/技術職)





■いまばりゆるきゃら バリィさん(愛媛)

・「最近『ガチガセ』によく出ているのを見るので、一緒に相撲をとってみたいから」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「バリィアタックを受けてみたい」(54歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「グランプリで1位をとったから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■ぐんまちゃん(群馬)

・「この前アンテナショップの前を通った時、気になったので」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「スマホのアプリで出会ってからその実態が気になっていた」(23歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「テレビで拝見した際、実際に見てみたいと思った」(38歳/医療・福祉/専門職)





■ふっかちゃん(埼玉)

・「住んでいる県のゆるキャラなので」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「中途半端な名前がいい」(28歳/情報・IT/技術職)

・「学生時代の自分があだなが「ふっか」だったので」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)





■番外編:こんないゆるキャラにも会いたい!

・しまねっこ(島根)

「おみやげでグッズをもらって初めて知ったが、造形に不自然さがなく完成度が高いと思うのでぜひ見てみたいと思った」(34歳/学校・教育関連/技術職)

・あゆコロちゃん(神奈川)

「厚木は地元にちかいので応援している」(27歳/機械・精密機器/営業職)

・さのまる(栃木)

「さのまるは一番かわいいと思う」(28歳/電機/技術職)







総評

1位と2位は接戦でした。その接戦を制して見事1位に輝いたのは「くまモン」。「ゆるキャラグランプリ2011」で見事グランプリに輝き、全国的に人気となりました。企業とコラボレーションしているのでグッズを持っている人も多く、いつかは実物にも会ってみたいと思うようです。2位の「ひこにゃん」は、「元祖だから」「かわいいから」といった意見が目立ちました。





3位の「せんとくん」は、「きもかわだから見てみたい」と言った声があるなか、「いろいろな問題があったけどけなげに頑張っている姿をみて応援したい」といったエールも聞かれました。4位は「ゆるキャラグランプリ2012」でグランプリを獲得した「いまばりゆるきゃら バリィさん」。テレビ番組の企画でほかのゆるキャラとの相撲対決で圧倒的な強さを見せました。必殺技「バリィアタック」を実際にみたいと回答した人もいました。



同率5位は、「ぐんまちゃん」と「ふっかちゃん」でした。ぐんまちゃんは「かわいい名前だから」との意見が。ふっかちゃんは「地元埼玉のゆるキャラだから」と地元の人の応援が多かったです。

全国的のゆるキャラたちは、地域の活性化のために一役も二役も買っているようですね。

(文・OFFICE-SANGA 寺本亜紀)





調査時期:2012年12月14日〜2012年12月19日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性441名

調査方法:インターネットログイン式アンケート