先日お伝えした2013年にイギリスで開催される注目の展示会に続いて、今回はアメリカ(北米)編を紹介しよう。



1.「Alexander Singh: The Pledge」
内容:ニューヨークを拠点に活躍するアーティスト、Alexander Singhによる北米での博物館では初となる展覧会
開催日:1月17日から3月1日まで開催。
開催場所:The Drawing Center
見所: 科学者、芸術家、作家、映画監督などのインタビュー、コラージュ作品。


2.「Angles, Demons, and Savages: Pollock Ossorio, Dubuffet-Phillips Collection」
内容:アメリカのアーティスト、ジャクソン・ポロック、アルフォンソ・オッソリオとフランスのジャン・デュビュフェの展覧会
開催日:2月9日から3月12日まで
開催場所:Phillips Collection
見所: 53点にも及ぶ絵画、浮かび上がって来る3人の友情と絆


3.「Gutai: Splendid Playground- Guggenhaim」
内容: "具体" と呼ばれる戦後日本で勃興した、アートムーヴメントの一連の作品を、アメリカでは初となる博物館展示
開催日:2月15日から5月8日まで
開催場所:Guggenhaim
見所: 絵画、コンセプチュアル・アート、前衛、屋内屋外インスタレーションなど


4.「Kehinde Wiley: The Memling Series- Phoenix Art Museum」
内容:ニューヨークを拠点とし、写実主義の新しい形で知られるアーティストKehinde Wileyによる新シリーズ
開催日:2月20日から6月23日まで
開催場所:Phoenix Art Museum
見所:フランダース地方の巨匠、ハンス・メムリングの作品をベースにした8点の新作
5.「Impressionalism, Fashion, and Modernity - Metropolitan Museum of Art」
内容:印象派画家たちの作品にみる傾向と当時のファッション・トレンド、モダニズムの研究
開催日:2月26日から5月27日まで
開催場所:Metropolitan Museum of Art
見所:80点にも及ぶ有名作品の展示と並んで、当時のドレスやアクセサリー、写真など絵画と当時のファッションの相関関係を探る上で重要な貴重品も展示


6.「James Turell: A Retrospective-Guggenheim」
内容:アメリカのアーティスト、ジェームズ・タレルによる光のインスタレーション作品群
開催日:6月21日から9月25日まで
開催場所:Museum of Fine Arts Houston
見所:「Verticak Vintage」と名付けられた光のインスタレーション群


7.「Future Beauty: Thirty Years of Japanese Fashion- Seattle Art Museum」
内容: 西洋を取り入れながら発展してきた日本ファッション界の革命者たちの展覧会
開催日:6月27日から9月8日まで
開催場所:Seattle Art Museum
見所:川久保玲、山本耀司、高橋盾らによる80点に及ぶガウン、ドレスの数々


その他の注目展覧会はこちらのページにあるギャラリーからチェックしよう。