東京都千代田区・ニューオータニ美術館で「新春展」 - 浮世絵など30点

写真拡大

東京都千代田区のニューオータニ美術館は27日まで、「新春展」を開催している。

同展は、同館収蔵作品の中から、新春にふさわしい作品を展示するもの。

主な展示作品は、石川昔信「若衆人形遣図」や黄雲「合せ鏡図」、上柿芳龍「羽根つく美人図」、野々村仁清「唐物写飯胴茶入」、ジャン=フランソワ・ミレー「田園に沈む夕陽」など。

そのほか、新春にちなむ肉筆浮世絵・日本画・西洋画、約30点を鑑賞できる。

開催場所は、ニューオータニ美術館(東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ内)。

開館時間は、10時〜18時(入館は17時30分まで)。

会期は1月27日までで、休館日は1月15日、1月21日。

入館料は、一般500円、小中生200円。

宿泊者は無料。