年に一度だけ! 「寒たまご」のみ使用のバウムクーヘンを限定1,000個発売

写真拡大

松本荻原製菓が運営する、長野県安曇野市の「あづみ野菓子工房 彩香」は22日より、シリアルナンバー付きバウムクーヘン「寒たまご限定あづみ野バウム」を限定1,000個で発売する。

1月20日は二十四節気のひとつである大寒であり、この日に産まれる卵は、古来「食べると一年無病息災で送れる」と伝えられ、「寒たまご」として珍重されてきたという。

「寒たまご限定あづみ野バウム」は、この「寒たまご」のみを使ったバウムクーヘン。

卵は、長野県松本市四賀の養鶏農家「会田共同養鶏組合」で飼育されている純国産鶏「ごとうもみじ」が1月20日に産んだものだけを使用する。

同商品は一昨年から販売を開始し、初年度は300個限定、2年目の昨年は600個限定で販売したが、すべて完売したという。

今年は1,000個に増産して販売を予定。

商品はすべてシリアルナンバー付きの、限定生産となっている。

価格は、1個1,680円。

サイズは直径14cm、高さ6cm。

賞味期間は常温21日。

「あづみ野菓子工房 彩香」本店、ならびにインターネット通販にて販売する。