自己啓発書は仕事の「苦しさ」をどう解決するのか-4-

写真拡大

■TOPIC-4 自己啓発書を多く読むとどうなるか

TOPIC-2で紹介したように、フォルカー・キッツさんらの『仕事はどれも同じ』では、給料、ステータス、有意義さ、楽しさ、興味深さといった仕事の諸側面について、「そのすべてを考慮せよ!」(キッツ・トゥッシュ、69p)とされていました。「一つだけの動機を抱いて職業選択を行なえば、あなたを満足させてくれる仕事など世界中に一つもない」(75p)のだから、「『期待の危機管理』を行なって複数の期待を抱けば、大いに失望することはほとんどなくなる」(75p)というわけです。

しかし、今回とりあげた著作の多くでは、しばしばひとつの側面に注目した仕事論が展開されています。端的に言えば、自分自身の気持ちを何よりも重視しよう、ということです。キッツさんら自身、仕事における満足した気持ち――ステータスへの満足、有意義さ、楽しさ――はやがて慣れによって鈍化していくと述べるにもかかわらず、自分自身の日々の仕事を「幸せと感じる」(174p)こと、つまり自分自身の気持ちを肝要な点としていました。もう少し言えば、慣れがあるからこそ、キッツさんらは「期待の危機管理」を行うことを主張し、また幸せを感じるための「トレーニング」を読者に多数課しているのでした。

今挙げた例から言いたいことは単純で、自己啓発書の間にはしばしば主張の矛盾が見られるということです。もう少し例を挙げてみましょう。

西多昌規さんの『今の働き方が「しんどい」と思ったときのがんばらない技術』では、前回少し紹介したように 「All or Nothing思考」がストレスを高めてしまうとして戒められていました。「白か黒か、ゼロか100か、勝ちか負けか。完全主義傾向のある人は、二分法で考えがちです」(西多、34p)というわけです。このような二分法的思考を西多さんは問題ありとし、極端な結論を出して「その結果イライラしたり、失望したりしてしまう」(39p)ことにつながると論じています。また西多さんは「All or Nothing思考」は誰にでもあるとする一方で、うつ病の人などで特に目立つとも述べていました。

しかし、今回だけではなく、これまでの連載でずっと見てきたように、自己啓発書における基本的なロジックは二分法です。成功する人はすべてこうだ、失敗する人はすべてこうだ、というわけです。今回の内容で言えば、すべて自分の責任と捉える「本当の意味での自責」か、他人に責任をなすりつける「他責」か。自分が楽しい、やりたいと思う仕事をするか、辛く、しんどく、楽しくない仕事をするか、等々。

他にも西多さんの著作では、「仕事のみが生きがいで、毎日遅くまで残業し、休日にも仕事のことを考えているような人のことを仕事依存症候群、あるいはワーカホリズムなどと呼ばれることがあります」(134p)という言及もあります。そして、「ワーカホリズムになると、心身にさまざまなトラブルが生じてきます。特に問題が表れるのは30代からが多く、うつや不安、不眠などの症状を訴えることがあります」(135p)と述べられています。

これについても、たとえば岩瀬大輔さんの『入社10年目の羅針盤』では、「仕事とプライベートの境を持たないほうが平日も楽しめる」(岩瀬、186p)という、ワーカホリズムと言ってもよい考えが紹介されていました。第3テーマの「年代本」でも、仕事とプライベートを分けないライフスタイルが称揚されていました。

ここまでを整理しておきましょう。仕事においてはひとつの側面(心)のみを重視すべきなのか、すべてを考慮すべきなのか。二分法で考えることはよいことなのか。仕事とプライベートを分けない働き方をすべきなのか――。これらは一例に過ぎませんが、自己啓発書を読み重ねていくこの連載で私がつねに思っていたのは、このような啓発書間の矛盾でした。

自己啓発書は、仕事論に限らず、「これが答えだ!」というメッセージを与えてくれるものです。啓発書を1冊だけ手に取ってすっきりと「答え」が得られたならばそれでよいのですが、「もっと色々考えてみたい」「もう少し違う考え方もあるのではないか」と次の啓発書を手に取るとき、啓発書間の矛盾に直面せざるをえません。より熱心に、さらに何冊も手に取れば取るほど矛盾はますます現われ、「答え」は簡単には見つからなくなってしまいます。このような事態について、どう考えるべきでしょうか。

■「これこそが答えだ!」というロジック

少し回り道をしたいと思います。デイル・ドーテンさんの『仕事は楽しいかね?』のなかには、いくつか興味深い記述がありますので、いくつかピックアップしてみます。

「『きみの考える、成功のための戦略を話してくれ――栄達のためのきみの哲学を』マックスが強い調子で尋ねた。自己啓発書は山ほど読んできたが、これぞという戦略はなかった」(ドーテン、26p)
「マックス・エルモアが、他人にじっくりものを考えさせる方法を知っている人だということは、認めざるを得ない。もっとも、彼の考え方は極端だし、展開もあまりに速いが。ただ、この点は私もたしかにとうなずけた。自分が試した、あらゆる自己啓発ツールは、何も生み出さなかったということを」(42p)

「模範的な人に話を聞くと、彼らは往々にして自分の歩んできた道のりを整然と語って、プロフェッショナルとはかくあるべき、みたいに思わせてしまうんだ――別な表現をすれば、それこそが成功への決まった方法であるかのように思わせてしまうってこと。(中略)成功するためのルールはみんな知っている。そうしたルールは、何百という本の中にリストアップされているからね。だけど、やっぱりこの問題がある。小説を研究しても小説家になれないように、成功を研究しても成功は手に入らないという問題が」(74-75p)

「斬新で素晴らしいアイデアが出てくれば、みんながそれに飛びつく。だれも彼もがだ。そういう人たち一人ひとりに何が起きていると思う? 彼らはね、他人を凌駕する人材になろうとしているけど、それを他人と同じような人間になることで達成しようとしているんだ」(80p)

また沢山引用してしまいましたが、ここには、自己啓発書を多く読むような人々への皮肉が書かれているように思えます。自己啓発書は役に立つものなのか、単なる人真似をさせるだけに過ぎないのではないか、と。

西多さんの著作でも、「『人間努力すれば不可能はない!』と叫んだ自己啓発の著者もいたかもしれません。しかし、無謀な目標で苦しんでいるときには、『もうちょっと現実的な目標を考えたら』と、高校の進路指導の先生のような視点も、やはり必要になってくるのです」(西多、78p)という、他の啓発書への批判とも見られるような言及がありました。

このように、自己啓発書においてはしばしば、第3テーマ「年代論」でとりあげたような世の中一般の人々への批判だけではなく、他の自己啓発書への批判が登場します。しかしながら、ドーテンさんの著作にしても、西多さんの著作にしても、私がそれらを見つけたのは書店の「自己啓発」「ビジネス」の棚でした。これもまた大きな矛盾ですよね。自己啓発書の棚に並んでいる書籍に、啓発書は役に立たない、啓発書というものはしばしば無理を言っているということが書いてあるのです。では、私が今まさに手に取っているこの啓発書は?

整理します。「これが答えだ!」というメッセージを与えてくれる自己啓発書が多数出版されることは、書籍間の矛盾がますます増えていくことを意味します。個々人にとっても、啓発書を複数読むことは書籍間の矛盾に直面することを意味します。形式的に考えれば、矛盾に直面することによって、求める「答え」が以前よりもっと分かり難いものになってしまうように思えます。

とはいえ、実際のところ、多くの人にとっての自己啓発書の読み方はより柔軟なものでしょう。複数の啓発書を手に取ったとしても、そのうちのひとつを「教典」のようにする人もいれば、それぞれの啓発書のいいところをつまみぐいして使えるものを使う人もいるでしょう。それらは読み手の自由に委ねられています。

しかしそれとて、結局は自分自身でどの啓発書をどう使うかという問題が残されることになります。回りまわって、「結局は自分の考え方次第だね、使う自分次第だね」というところに戻ってくるとすれば、自己啓発書というものは一体何なのでしょうか。

私自身はまだこの点について明確な答えを出せてはいないのですが、少なくとも、このような堂々巡りになっている構造――にもかかわらず、「これこそが答えだ!」「これまでにない啓発書が出た!」と、これまで述べてきたような矛盾の「解消」が次々に喧伝される構造――こそが、自己啓発書ブームが続くためには必要なのかもしれません。

さて、次回は自己啓発書が求める「つながり」のあり方について考えてみたいと思います。

(牧野 智和=文)