東京都新宿小田急百貨店にて、人気の「冬の北海道物産展」1/23より開催!

写真拡大

小田急百貨店新宿店では1月23日〜29日、人気の催事「冬の北海道物産展」を開催する。

同物産展では、流氷が接岸するオホーツク海に面した地域の店を集めた「オホーツク特集」を実施。

厳しい寒さと豊かな自然に育まれた同地域ならではの味がそろう。

猿払(さるふつ)村の「夢喰間(ゆめくうかん)」では、実演で「ホタテめし三昧弁当」を販売。

人気のあまり、早々に売り切れてしまうという幻のメニュー・ホタテめしを使った弁当で、価格は1,575円。

また、斜里((しゃり)町の「知床エゾシカファーム」からは、高たんぱく低脂肪で健康食品として注目される鹿肉を使用した「エゾシカロースステーキ」を販売。

価格は1,050円。

同展の名物でもある、催事担当バイヤーと人気店が作り上げる会場限定のオリジナルメニューも販売。

札幌市の「札幌ラーメン武蔵」は、イートインで登場。

「大判ほたて北海味噌ラーメン」を各日限定100杯で販売する。

価格は1,190円。

また、小樽市の「おたる巽鮨」では、「小樽の華握りセット」を各日限定30食限定で提供する。

中標津(なかしべつ)町の「フランダース」からは、「フランダースロール」を販売。

北海道の別海町産の生乳を使用した生クリームと、風味豊かな卵を選び、しっとりした味わいのロールケーキに仕立てた。

価格は630円。

「ドゥーブルフロマージュ」が人気の小樽「ルタオ」からはマスカルポーネチーズに、旬のいちごのピューレが入った季節限定商品「ベリーベリードゥーブル」を販売。

価格は1ホールで1,785円。