向後の7日株!:出来高急増、高値更新でチャート妙味増の電子書籍、スマホ関連株(791X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

共同印刷 (7914)が今日の注目銘柄!

昨年の2月29日の250円をブレイクし、263円をつけ、昨年来高値を更新しチャート妙味が増した同社に注目します。
8日終値(250円)ベースでのPBRは0.47倍と割安感が十分な点も魅力です。

同社は昨年11月7日に、250万株を上限とした自己株式取得を発表しています。
昨年12月末時点では、約200万株が取得済みとなっており進捗状況は良好です。このような積極的な株主還元の姿勢を高く評価します。
また、電子書籍、スマホ関連というテーマ性も魅力です。

同社は、総合印刷大手で、出版商印部門、ビジネスメディア部門、生活・産業資材部門などを展開しています。

昨年12月28日には、KDDIが提供する「Smart TV Box」用のアプリとして、「自己ガク onTV」を提供開始しました。「自己ガク」は自己啓発や資格取得など、学びをテーマにした独特な電子書店です。
この「自己ガク onTV」は、スマートテレビ用の電子書籍を配信する電子書店で、大画面のテレビで電子書籍と閲覧中のページに関連した動画を同時に楽しめることが特長です。
今後は、絵本だけでなく音声動画とテキストが連動した語学教材、レシピと調理風景の映像が連動した料理本など取り扱いジャンル、ラインナップの充実を図ります。
動画・映像コンテンツを有する出版社・教育事業者向けに、コンテンツの有効活用の場として参加を呼びかけ、本事業での売り上げ目標は、3年後に1億円を目指すとのことです。

13年3月期通期連結業績は、売上高は1020億円(前期比、5.1%増)、営業利益は23億円(同、19%増)、経常利益は28億円(同、10.5%増)、当期純利益は14億円(同、6.0%増)の見込みです。1株当たりの年間配当は8円(中間4円・期末4円)の予定です。

日足チャートをみると、株価は一目均衡表の基準線(8日現在、235円)がサポートとして機能しています。
8日の出来高は62.8万株と、5日移動出来高平均24万株の約2.6倍と急増しています。
このエネルギーの増加も強調ポイントです。
週足ベースの一目均衡表では、すでに三役好転を達成し、10月12日につけた165円を底とした中期的な上昇トレンドが発生しています。

向後はるみ(HARUMI KOUGO)
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。