JAXAが全面協力! 東京都新宿区で「宇宙から見たオーロラ展」を開催中

写真拡大

コニカミノルタホールディングスと宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7日〜31日、「宇宙から見たオーロラ展2013」を東京都新宿区の「コニカミノルタプラザ」で共同開催している。



同展は、今回で6回目。

期間中に数万人が訪れる人気の特別企画展という。

今回は、2012年に国際宇宙ステーション(ISS)から撮影されたオーロラ写真など、貴重な資料が展示される。

また、星景写真家の盧簍紺貉瓩砲茲襦秒肋紊ら見たオーロラ写真”も見ることができる。

二千晩ほどオーロラの下で過ごしたという同氏が、カナダ各地で撮影したさまざまなデジタル作品から選択したものとのこと。

さらに会場では、約100インチの大画面でアラスカからのオーロラの生中継映像が見られる「Live!オーロラ」や「オーロラ豆知識コーナー」「宇宙服展示コーナー」「宇宙・オーロラの音コーナー」などが楽しめる。

会場は、コニカミノルタ ギャラリーB&C。

時間は10時30分〜19時で、期間中無休。

入場無料。

詳細は、コニカミノルタプラザ公式サイトで確認できる。