JR6社が年末年始の利用状況を発表 - 中央本線「あずさ」「かいじ」5万人増

写真拡大

JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州は7日、2012年度の年末年始期間(12月28日〜1月6日)の利用状況について発表した。

JR旅客6社のうち、本州の3社とJR九州については、新幹線・在来線の利用者数が前年を上回っている。

年末年始の期間で、JR東日本は411万6,000人(前年比105%、前々年比104%)、JR東海は348万3,000人(前年比102%)、JR西日本は255万4,000人(前年比103%)、JR九州は70万4,000人(前年比105%)を記録した。

線区別に見ると、JR東日本の各新幹線がいずれも前年を上回る利用者数を記録したほか、在来線では中央本線「あずさ」「かいじ」などの利用者数が前年の22万4,000人から5万人以上増え、27万7,000人に。

JR西日本では山陽・九州新幹線直通列車の利用者数が増えており、「みずほ」が前年比123%、「さくら」が前年比163%を記録している。

一方、JR北海道は1月3〜4日に発生した局地的な大雪の影響で、留萌・空知・宗谷地方を中心に特急列車109本を含む549本の列車が運休に。

年末年始の特急列車などの利用者数は35万3,700人(前年比99%)となり、とくに旭川方面の利用者が12万5,300人(前年比93%)と落ち込んだ。

JR四国は主要3線区(予讃線、土讃線、高徳線)の利用者数が約400人下回る一方、瀬戸大橋線の利用者数は約1,000人増え、26万6,400人となった。