富士山遭難、遺体は環境省職員

ざっくり言うと

  • 富士山の標高約2000m付近で見つかった遺体が、環境省職員の男性と確認された
  • 死因は凍死
  • 男性は、「富士山にいる」と家族に連絡したのを最後に消息を絶っていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング