ナイキゴルフは8日(火)、ニック・ワトニー(米国)、カイル・スタンレー(米国)、トービヨン・オルセン(デンマーク)、ノ・スンヨル(韓国)の4選手とクラブ、ボール、フットウエア、グローブ、アパレル、キャップ、アクセサリーの総合用品使用契約を締結したことを発表した。
 ワトニーはツアー通算5勝。子供のころから同社のファンで「スウッシュ(ナイキのロゴマーク)が入ったウエアを着られることを誇らしく思う」と喜びのコメントを寄せた。スタンレーは昨季、「ファーマーズ・インシュランス・オープン」で最終日最終ホールでトリプルボギーを叩き優勝の逃したが、翌週の「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」で劇的な勝利を収め大ブレイクした新鋭だ。
 2人は現在開催されている「ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」に参戦中。“赤いドライバー”として注目を集める同社の「VR_S コバートドライバー」と新ボールを使用している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>