讃岐うどんが、香港に進出 - 丸亀製麺

写真拡大

讃岐釜揚げうどんのチェーン店「丸亀製麺」を展開するトリドールと、香港におけるフランチャイズ契約を締結しているウェルコア(WELL CORE LIMITED)は、1月5日に「丸亀製麺」の香港1号店として「丸亀製麺iSQUARE店」をグランドオープンした。

同店は、香港の中心地、九龍に位置する31階建ての商業ビルiSQUAREの6階にある。

地元で生活する住民をターゲットとして想定しており、日本の丸亀製麺と同様に、地元に根ざした地域一番店をめざすという。

店舗規模は150平方メートル、71席で、セルフ方式、オープンキッチンを採用。

本格的な讃岐うどんを提供するとともに、一部現地化したメニューを提供する。

なお、うどん1杯25HKD(約265円)〜、トッピングの天ぷら6HKD(約64円)〜、おむすび8HKD(約85円)〜、という価格設定(為替レート1HKD=10.5円にて換算、価格は税込み)。

同社はウェルコア社に、丸亀製麺の運営ノウハウを提供し、ウェルコア社は現地事情に即した店舗運営を行う。

両社の相乗効果によって、香港・マカオ地区で2015年3月末までに15店舗の展開をめざすという。