最強の代表が崩壊するとき(1)〜ブラジル編

 W杯予選で2位以下に大差をつけて首位をゆくザックジャパン。これまで以上に安泰な成績を収めるその姿を、メディアは「史上最強」と褒めそやしている。だが、サッカーは常に成長を続けるスポーツだ。4年前、8年前より力が劣る代表チームは稀(まれ)。比較対象を過去に求めるのはナンセンスの極みである。「史上最強」 は、まさに非サッカー的な表現だ。比較対象は、予選で同じグループを争う敵でもない。現時点における世界になる。

 しかし過去に目を向ければ、このチームは世界に対して「最強」だと、確信を持って言いたくなる圧倒的なチームは存在した。97年のブラジル代表はその筆頭だ。非サッカー的な表現を承知で言えば、ブラジル代表史上最強。僕の目にはそう見えた。

 98年W杯とユーロ2000を立て続けに制覇したフランスも強かった。フランス代表史上はもちろんのこと、世界に対しても最強だった。しかし、最強は永遠のものではない。そしてブラジルもフランスも、最強の座からすべり落ちた原因は自らの中に潜んでいた。

 メンバーの固定化。最強を維持しようとするあまり、最強選手でメンバーを固めすぎたことがその一番の原因になっていた。とりわけ97年のブラジルにはその傾向が強かった。

 当時のブラジル、フランス両国に共通したのは、予選が免除されていた点だ。94年W杯に優勝したブラジルは、その時点で98年W杯出場の権利を得ていた。 フランスも98年W杯で優勝した瞬間、02年の本大会切符を得た。自動出場の権利は、今でこそ開催国だけに与えられるものだが、02年までは前回優勝国にも与えられていた。それが両国には結果的にありがた迷惑なものになった。

 欧州と南米の予選は、アジア予選に比べて遙かに厳しい。フランス、ブラジルといえど、楽なゲームは少ない。日本がアジア3次予選で対戦するような貧弱なチームは一つもない。予選は文字通りの強化試合になる。

 2002年W杯で優勝したブラジルは、その南米予選で大苦戦を強いられた。そこで5敗もした。順位は10チーム中3位ながら、プレイオフに回った5位ウルグアイとの勝ち点差は3。わずか1ゲームの差だった。ブラジルはその苦戦を良薬にして世界一に輝いた。

 一方、予選を免除されたその4年前、98年大会のブラジルは、それと真逆の結果に終わった。結果は準優勝ながら、内容はその前年、97年の戦績とは比べものにならぬほど低調だった。一言でいえば、ピークが1年ずれたのだ。

 97年のブラジルは本当に強かった。長らく故障で戦列を離れていたロマーリオ、ドゥンガが復帰。6月にフランスで行なわれたトルノア・ドゥ・フランス(フランスW杯のプレ大会)の初戦、対フランス戦にベストメンバーを送り込んだ。

 名勝負になったのはコンディションが上がってきた第2戦のイタリア戦。途中までイタリアが3−1でリードするも、ブラジルも反撃を開始。3−3に追いつき、逆転ゴールが生まれそうなムードの中で、タイムアップの笛が鳴った。終わり方という点で、ブラジルはイタリアに勝った。魅力でも、期待値でも上回った。

 ブラジルはこの大会に入る直前(5月30日)、オスロでノルウェーと対戦していた。そこからトルノア・ドゥ・フランスを経て、ボリビアで行なわれたコパアメリカ決勝(6月29日)まで、およそ1ヵ月の間に計10試合を消化。大西洋横断を含む外地での10連戦を予選に代わる真剣勝負の場に充てようとしていた。

 その結果、コパアメリカ優勝という結果を得ることに成功。そしてその瞬間、ブラジルは98年フランスW杯の本命に祭り上げられることになった。試合間隔は平均中2日。しかしながら監督のザガロは、すべて「ベストメンバー」で臨もうとした。メンバーチェンジも積極的に行なわなかった。