JR宮古駅構内にて(2012年1月撮影)。1年経ったが、JRの不通状況は変わっていない。

写真拡大

■フォロワーシップの自覚

宮古高校2年の久坂千明さんは教職志望。身近に多様なキャリアを持った先生が多く、教育以外の学部に進むことも考えている。しかし、そうすると、久坂さんはどういう学校に行けばいいのでしょうか。

「うーん……そうなんですよ……。とりあえず、宮古は出ます。出て、4卒に進みます」

岩手県は出ますか?

「ちょっと迷ってて。もし宮城教育大とかの教育学部に進むとすれば、受験の時から、数学は数学科、国語は国語科って学部分けられちゃうんですけど、岩手大だと、1年生の時はみんな同じ授業受けて、それからどこか好きな学部行ってねっていうかんじで。そっちのほうが、もし『数学じゃなくてもいいや』って思えた時にいいですし」

先生になろうとするとき、すでに教職を仕事としている人に何を聞きたいですか。

「今、得たいなぁと思っているのは、話し方というか。授業がうまい先生とか、雑談がうまい先生って、必ずどこかに人を惹きつけるポイントがあるんです。たとえば、規則にメッチャ厳しかった先生とかは、『これは駄目だ。なぜ駄目なのか』みたいなかんじで、すごい論理的に話してくれたり。授業も、ダラダラやるんじゃなくて、びっしりやってくれたり。あと、問題解く時とかも、間(ま)をすごい適度に与えてくれたりとか。生徒にどういうことを話せばいいか、どういう間を与えればいいか、どういう話し方をすればいいか、ベテランの先生だとわかっているんです。そういうところをいろんな先生に話してもらいたいです」

久坂さん、教職に就いたとき、どこで暮らしていると思いますか。

「できれば東北で就職したいんですけれど、岩手県とか秋田県は、特に採用が厳しいので……。都会は就職が楽っちゃ楽なんですけど、あまり住みたくないんですね。東京は、東北とかと違って、教員の離職率も多いって聞いてるし。モンスターペアレント厳しいって聞くんですよ。親に責められたときに、ちょっとわたし、無理です、プレッシャー(笑)」

久坂さんにも取材後に長いメールを送った。《他の5人(特に「相棒」の赤沼涼香さん)の発言をフォローし、より具体的な内容にしていく力が久坂さんにはあると思います。ここで質問です。久坂さんは、自分に「人を支えて、その人の良いところを伸ばすアシスト力」があると意識していますか? 自分が前に出なくても構わないタイプですか?》

「アシスト力はあまり意識したことはありません。涼香さんについては、宮古高校放送部の自慢の彼女にもっと輝いてほしいなあと思い、発言しました。わたし自身はアシスト力があるかどうかはわかりませんが、『人の長所を伸ばしていける人』にはなりたいと思っています。自分の発言でだれかを伸ばせるなら、とても嬉しいです。わたしはリーダーになるというよりも、リーダーを支え、かつ意見をしっかり言えるような人になりたいです」

メールを送って良かった。久坂さんたち300人の高校生が参加した3週間の合州国短期留学、その名称は「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」だ。テーマは、その名にあるとおり「リーダーシップ」。だからといって、合州国から帰ってきた300人全員が、このあとの人生でリーダー役を担うだろうか。では、このテーマの意味はどこにあったのか。これが疑問として残っていた。久坂さんの返信は、ひとつの答えだろう。リーダーシップを学ぶことは、フォロワーシップに目覚める機会にもなりうるのだ。

最後に、久坂さんの良き相棒に登場してもらおう。

■ジェーリー・ビーンズさんの応援

岩手県立宮古高校(文系クラス)2年生、赤沼涼香(あかぬま・すずか)さん。お父さんは高校の国語の先生。勤め先は宮古の北、山の中にある岩泉の高校だ。だが、JRの岩泉線が震災前の2010(平成22)年7月から土砂崩れで不通になったままなので「車で朝早く出て、夜遅く帰ってきてます」。赤沼さんは、放送部でアナウンサーを担当している。さて赤沼さん。何屋さんになりたいですか?

「幼稚園の先生か、アナウンサーかで迷っています。アナウンサーのほうは、最近復活した夢で、しかも周りにはまだ内緒なんですけど……。幼稚園のときの担任の先生が、優しいんですけど、けじめをつける、とてもいい先生だったので、その先生に憧れていて——もうずっと、小学校のときから幼稚園の先生になるのが夢なんです。『TOMODACHI〜』でアメリカに行ったときに、日本で幼稚園の先生をしてたんだけど、アメリカに渡って、英語圏の子どもたちに日本の遊びを教えている先生のお話があって、そういうのも素敵だなと思っています。わたし、英語もすごい好きなので、どっちも生かせたら、その仕事は最高だなって憧れてます。その方、ごめんなさい、お名前覚えてないんです。ジェリー・ビーンズをくれた方なんですけど(笑)。その方、あんまりピアノが得意じゃないらしいんですよ。わたしもピアノ、今、弾けなくて困ってるんですけど、『ピアノが弾けなくても、それ以外のところでいいところがあれば、幼稚園の先生にはちゃんとなれるから、自分のいいところを見つけて伸ばせばいいんだよ』ってお聞きして、励みになって、印象に残ってます」

アナウンサーのほうのきっかけは。

「小学校のときくらいから憧れてたんですけど、一回諦めたんです。なんか現実味がないからって。でも、放送部の大会のアナウンス部門でラーメンの原稿を読んだときに、聞いた人から『そのラーメン食べたくなったよ』って言われて(笑)。そういう声を戴いたとき、そういうふうに、みんなが知らないことを伝えていくのも素敵なんだなって思って。あらためて、アナウンサー、なりたいなと思うようになりました。今のアナウンサーのお仕事って、英語がしゃべれるのがふつうだったりするので、そこでもやっぱり英語を生かせるので、どっちも迷うところです」

ここで同じ放送部の久坂さんがアシストに入った。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)