太陽光発電システムを全棟に搭載(写真はイメージ)

写真拡大

住友林業は、太陽光発電システムと多彩な仕様と設備を搭載し、ユーザーにあったライフスタイルを叶えられる全388プランから理想の間取りを選択しながら、スマートな住まいづくりを実現する戸建て住宅の新商品「Smart 木達(スマートこだち)」を、2013年1月1日に発売した。

風や太陽を住まいに取り込む

家族のライフスタイルにあわせて間取りを選択し、外観イメージやインテリアイメージを、「住友林業の家」独自の質感あふれた仕様の中から選択することで個々のこだわりを実現できる。

環境に配慮して太陽光発電システムを全棟に搭載したほか、全388プランで独自の設計手法である「涼温房設計」による、自然の恵みである風や太陽を住まいに採り込み、植栽の緑の力も活かしながら、冷暖房負荷を抑えた環境にも家計にも優しい住まいづくりを可能にした。

また、WEBサイトで簡単にプランや価格検索を行えるシステムを構築し、よりスムーズな住まいづくりができるようにした。

販売価格は、3.3平方メートルあたり54万円台から。