トム・クルーズ、待望の新作『アウトロー』いよいよ日本上陸!!

写真拡大

昨年7月に本Fabloidでも速報で予告編をご紹介したトム・クルーズの新作『アウトロー』、いよいよ2月1日(金)の日本公開が間近に迫り、今週主演のトム・クルーズが監督らと来日する。
そこで改めてこの『アウトロー』についての情報をおさらいしておきたい。
また、日本公開に先駆けて1月23日(水)に都内で行われる特別試写会に、Fabloid読者をご招待。応募要項は記事末尾を参照して欲しい。


トム・クルーズ史上最も危険なアウトロー・ヒーロー、大ベストセラー"ジャック・リーチャー"シリーズを完全映画化

2012年の洋画No.1ヒットを記録した『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』。この「M:I」シリーズに続き、『アウトロー』はトム・クルーズがスタートさせる全く新しいシリーズの第一弾になる。
本作は、英国の作家リー・チャイルド原作のハードボイルド小説「ジャック・リーチャー・シリーズ」の映画化作品。
監督・脚本は、『ユージュアル・サスペクツ』『ワルキューレ』の脚本で知られるクリストファー・マッカリー。
プロデューサーに、かつてのビジネスパートナーであり、『ミッション・インポッシブル』シリーズを最初から手がけてトムを今の大スターの地位に押し上げたとされるポーラ・ワグナーを起用。
共演は、『タイタンの逆襲』のロザムンド・パイク、『ゴッドファーザー』でアカデミー賞(R)にノミネートされたロバート・デュヴァル、『扉をたたく人』で同賞にノミネートされたリチャード・ジェンキンス。さらに事件の背後に蠢く不気味な容姿の男に、世界の映画人からリスペクトされるドイツ人監督で俳優のヴェルナー・ヘルツォークが扮した。
まさに鉄壁の布陣で挑む本作で、トムは、トム・クルーズ史上はもちろん、映画史においてさえも、最も危険でワイルドなアウトロー・ヒーローを演じるという。彼の名はジャック・リーチャー...


その男、行き着く先に事件あり。世界で最も危険な流れ者、ジャック・リーチャーとは?

男の名はジャック・リーチャー、かつては軍のエリート秘密捜査官。除隊後、今は家も仕事も、煩わしい人間関係も持たない流れ者、失うものは何もない一匹狼だ。クレジットカードや免許証、携帯電話など、身分や居場所を明かす物は一切持たない。必要な時は、人のものを勝手に拝借(特に悪党から)する。ポケットには、歯ブラシと期限切れのパスポートに僅かばかりの現金。服はジーンズにTシャツ一枚、主にモーテル暮らしの放浪生活。普段は肉体労働をしたり、軍の少ない保証金で食いつなぐが、欲という感覚を持たないため、苦にもせず気の向くままの人生を過ごしている。
非常にストイックで無口。頭脳明晰で抜群の記憶力、推理洞察力をもつ。射撃の腕は右に出る者はいない。
法も権力も関係ないが、悪は決して許さない。事件が彼を呼ぶのか、彼が事件を巻き起こすのか、行く着く先に常に事件が待ち受け、彼は、自分のルールで世の悪者たちを容赦なくなぎ倒す。
作家リー・チャイルドが生み出したジャック・リーチャー・シリーズはこれまでに17冊のタイトルを出版。世界で6千万冊を販売し、95か国で出版、40言語に翻訳されている大ベストセラーだ。

プライベートではケイティとも離婚、愛娘スリちゃんとも別れて暮らすまさに一匹狼のトム。その姿は本作の主人公とも重なって見えるだけに、彼のスクリーンの中での一匹狼っぷりには大いに期待したい。


★『アウトロー』試写会(東京)に20組40名様ご招待!

トム・クルーズ最新作にして新シリーズ作品『アウトロー』の特別試写会に10組20名様ご招待。

■日程: 2013/1/23(水)18:00開場/18:30開映
■場所: 読売ホール(千代田区有楽町1-11−1 読売会館7F)

【プレゼント応募要項】 FacebookのFabloidページから、「いいね!」して、応募ページから応募してくれた方に抽選で20組40名様にプレゼント
⇒応募はこちらから!

・当選者の方には1月15日(火)中にご連絡いたします。
・折り返し、必要な情報を期日までに指定の宛先までご返信ください。詳細は当選者の方がFacebookでご登録されているメールアドレスにお伝えします。

・応募締切:2013年1月15日(火)12:00

2013年2月1日(金)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー



オフィシャルサイト / twitter  / Facebook

『アウトロー』(原題:Jack Reacher)
ストーリー: その銃乱射事件は、解決したはずだった。
だが、法も証拠も信じない〈流れ者〉が、嘘を見抜く。
彼の名はジャック・リーチャー、巨大な完全犯罪の謎に挑む─。

製作:トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー(『ミッション:インポッシブル』 『宇宙戦争』 『ラスト・サムライ』)
監督・脚本:クリストファー・マッカリー(『誘拐犯』監督、『ユージュアル・サスペクツ』 『ワルキューレ』 脚本)
主演:トム・クルーズ(『M:I』シリーズ、『ラスト・サムライ』『宇宙戦争』『ナイト&デイ』『コラテラル』)
ロザムンド・パイク(『007/ダイ・アナザー・デイ』)
ロバート・デュバル(『ディープ・インパクト』)
ヴェルナー・ヘルツォーク(『フィツカラルド』監督)他

2013年2月1日(金)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー