漫画家の竹本泉先生にインタビュー

2013年を迎えたことを記念して、『あおいちゃんパニック!』『あんみつ姫』、ゲームの『ゆみみみっくす』シリーズ、音楽CD『うじゃうじゃパラダイス』などで有名な、漫画家の竹本泉先生にインタビューを行った。

【関連:天才でありながら職人だったゲーム作曲家、梅本竜(享年37才)追悼コラム】
 
竹本泉先生が描く可愛いキャラクターや、独特の世界観や、想像もつかないようなストーリーのとりこになったファンも多いはず。

現在、『あかねこの悪魔』『がーでん姉妹』『ここめ不定点』など、複数の連載をかかえている。

そんなご多忙な竹本泉先生が、インタビューに答えてくれた。
 
──去年を振り返ってみていかがでしたか?

去年はあまり悪い事も起こらず、ふつうな年でした。
仕事的にも私的にも。

──『あかねこの悪魔』『がーでん姉妹』『ここめ不定点』など連載を複数お持ちですが、執筆の際に気をつけられている点はありますか? それから、見所や、おすすめの話やカットなどを教えてください。
 
えー、気をつけること? ……もちろん、これは描かない、みたいなことはあるんですが、この仕事を始めて長いので、その辺はもうほとんど無意識にしています。(まあ、当たり前なんですが……)
あとは、内容のつじつまがあっているかどうかとか。
たまに今までと別系統の漫画を始めることがあって、そういう時はいろいろ悩みます。(どこまで描こうか、とか)
みどころは、微妙にありません。わりとどこも等価で描いているというか、えー(もちろんそうでない場合もないことはないんですよ、まれに。)

──マンガを描かれるにあたって、構図や、人物の服装や建物や街並などは、どのようなことに気をつけて描かれていますか?

いえ、あまり気をつけていません……。いや、そうでもないかな? 
構図は、あまり複雑にならないようにしますが、カメラがあっちにいったりこっちにいったりみたいなカメラワークの構図は避けます。
すみません、基本ですね。
服や町並みは、作品に合わせて。普通に時間経過があるなら、着替えさせるとか。

──好きなエンターテインメント作品や、お気に入りの物や、趣味はありますか?

昔のハリウッドのコメディ映画。ラジオデイズ前後のウディ・アレンの作品。 
お気に入りのものは、えー、今はとりあえずなし。
趣味も、今は没趣味。……アニメ?

──竹本泉先生から影響を受けたと公言しているイラストレイターや漫画家が結構いるのですが、いかが思われますか?

まあ、30年も漫画家をしていると、そういうこともあるのかな、とは思いますが、悪影響でなければいいですね。
冗談でなく。

──今年はどういう年にしたいですか?

ぜひ、悪くない年に……うじゃ

──お忙しいところ、ありがとうございました。

竹本泉先生年賀状

(インタビュー:川上竜之介)