大和証券と大和ネクスト銀行、「プレミアムサービス」「家族プラス」を導入

写真拡大

大和証券および大和ネクスト銀行は4日、ダイワのツインアカウント口座のサービスを充実させることで、顧客の満足度の向上を図るとともに、預り資産の拡大や証銀連携強化、相続への対応強化へと結び付けていくことを目的として、4月(予定)より「プレミアムサービス」と「家族プラス」を導入すると発表した。

「プレミアムサービス」は、顧客より預っている資産の評価額に応じて「プレミア シルバー(預り資産評価額1000万円から3000万円未満)」、「プレミア ゴールド(同3000万円から5000万円未満)」、「プレミア プラチナ(同5000万円以上)」と3つのステージに分類し、各ステージに応じた特典サービスを提供する。

利用できる人は、大和証券の総合取引口座と大和ネクスト銀行の銀行口座の両方(ダイワのツインアカウント)を開設している個人の顧客のうち、預り資産評価額が一定額以上の顧客。

大和ネクスト銀行円定期預金金利の優遇プレミアムサービスが適用されている顧客が同サービス対象の円定期預金に預入れると、各ステージに応じて通常金利より金利を優遇口座管理料の無料優遇「プレミア シルバー」の顧客は、国内株式口座管理料が無料。

また、「プレミア ゴールド」、「プレミア プラチナ」の顧客は、国内株式口座管理料に加え、外国証券口座管理料・株式累積投資口座管理料も無料家族への優遇「プレミアムサービス」が適用されている顧客が「家族プラス」に申込むと、その家族にも特典サービスを提供する「家族プラス」は、「プレミアムサービス」が適用されている顧客が「家族プラス」に申込むと、その家族の人にも本人の「プレミアムサービス」のステージに応じた特典サービスが提供される。

利用できる人は、「プレミアムサービス」が適用される顧客とその家族(大和証券の総合取引口座と大和ネクスト銀行の銀行口座の両方(ダイワのツインアカウント)を開設している個人の顧客)。

各サービスは現時点での予定であり今後変更される可能性がある。

具体的な内容(金利優遇幅やポイント付与率など)については、大和証券ホームページにて順次案内される予定。