猫パラダイス発見! - 猫と島民が同居する香川県高見島

写真拡大

フェリーをおりて島に上陸した途端、2匹のノラ猫が出迎えてくれるかのようにたたずんでいた。

「ここも猫島かもしれない! 」と期待をふくらませて島を散策。

幸先いいスタートが物語るように、やはりここも相当な猫島であったのだ。

瀬戸内海に浮かぶ香川県の高見島。

JR高松から電車に約30分乗り、JR多度津駅へ。

そこから歩いて10分ほどのところにある多度津港からフェリーに乗ること25分。

高見島に到着する。

小さな山がそのまま島になった感じのこの島の周囲はわずか6.5kmあまりだが、標高297mの龍王山がそびえたつ。

そのため、島のほとんどが斜面で、海沿いのわずかな平地に家が点在している。

人口は100人に満たない。

古き良き小さな漁村集落といった雰囲気だ。

船をおりてすぐ2匹の猫に出会った後、海沿いの通りを歩いていると猫が5〜6匹集まっている猫スポットを発見。

子猫も1匹いた。

猫を眺めていると、島に住んでいるおじいちゃんがやってきた。

海を見ながら一休みしようと堤防におじいちゃんが腰かけると、猫たちが一斉に集まり、子猫はちょこんと膝の上に乗るではないか。

日本各地の島猫めぐりをしていても、ここまで人と猫が仲の良い島は物珍しい。

かわいらしい猫はもちろんのこと、猫をかわいがる島民と猫の姿がなんともほほ笑ましかった。