電通、早期退職者100人を募集と発表--2007年以来6年ぶり

写真拡大

電通は7日、勤続10年以上で40歳から59歳の社員を対象とした早期退職優遇制度を実施することとし、同日から募集を開始すると発表した。

電通によると、同制度の目的は、「社員個々人にふさわしいキャリアプランを具現化するための選択肢を提供することにある」(電通)。

同制度に応募し新分野への転身等を希望する社員に対しては、再就職支援サービスを提供するという。

なお、同社が早期退職優遇制度を実施するのは、2007年以来6年ぶりのことで、今回で6回目の制度実施となる。

対象者 : 2013年3月31日時点で勤続10年以上かつ40歳から59歳である社員募集期間 : 2013年1月7日〜2013年1月31日実施日 : 2013年3月31日募集人数 : 100人退職金支給額 : 通常の退職金に加算退職金を加えた金額損益への影響 : 今回の募集に伴って発生する加算退職金は2013年3月期決算において、 特別損失として計上する予定