1kW形メタルハライドランプ高天井器具とほぼ同等の明るさを実現

写真拡大

東芝ライテックは、大型の工場や倉庫などの高天井空間で使用されている1kW形メタルハライドランプ高天井器具とほぼ同等の明るさを実現した「E‐CORE(イー・コア)」LED高天井器具を、2013年1月15日に発売する。

従来の高天井器具と同等の明るさ実現

LED高天井器具の寿命は6万時間。メタルハライドランプと比較しても約5倍の長寿命で、電気代はもちろんランプ交換作業などのコストを大幅に削減できる。また、初期照度補正機能を搭載。使用初期のムダな明るさをカットし、寿命末期まで変わらぬ明るさを確保するとともに、消費電力を削減することができるほか、約5%〜100%の連続調光機能も内蔵しており、照明制御システムと組み合わせることでさらなる省エネ化を図ることができる。

1kW形のほかに、小形・軽量タイプの250W形と400W形メタルハライドランプ高天井器具相当のモデルも同時にラインアップする。それぞれ明るさとともに、壁面などを広く照らして明るさ感を高められる広角タイプと、床面照度を重視した中角タイプの2タイプの配光を用意した。

さらにオプション部品として下面ガード、拡散カバー付ガード、昇降装置取り付け金具、落下防止用ワイヤーも発売。使用場所や用途にあわせて選択できる。

器具の使用温度範囲はマイナス10度〜40度。夏季など日中一時的に温度が上昇する場合には最大50度まで使用できる。

希望小売価格は、8万8000円〜35万円。