ゴルゴ13に学ぶ! 現代の一流ビジネスマンの鉄則3つ




かつての人気番組、「トリビアの泉」の調査によれば、理髪店に置かれている漫画第1位は、「ゴルゴ13」という結果であった。連載は40年以上続いており、単行本はすでに160巻を超える大人気漫画である。なぜここまで支持されるのかといえば、殺し屋である主人公・ゴルゴ13ことデューク東郷の、その徹底した仕事への向き合い方が共感を呼ぶからにほかならない。そこで、ゴルゴ13から学ぶ、現代のビジネスシーンでも役立つ仕事術について、「99%失敗しない『ゴルゴ13』流プロフェッショナルの流儀」の著者である鏑矢光和氏に話をうかがった。



■時間厳守は仕事を完ぺきに遂行するため!



「時間厳守はビジネスマンにとって当たり前のことのように思われますが、ゴルゴの場合、それは並の正確さではなく、秒針にいたるまでピッタリとその場に現れます。しかし、実はゴルゴは約束の時間のはるか前に到着していて、相手の様子を観察しています。自分に有利に事が運ぶよう、周囲の状況を徹底的に調べあげているのです。



現代のビジネスシーンに置き換えて言うのであれば、商談やプレゼンを余裕をもって進められるように、徹底して情報収集を行うのと同じこと。そしてそれは、自分の才能を最大限に発揮するために必要なことと言えるでしょう」(鏑矢氏)



時間を守るということは、相手に貸しを作るのを避けるだけでなく、自分に降りかかり得るマイナス要素をできる限り排除し、仕事を完ぺきに遂行するための準備期間を設けるということにもなるようだ。



■自己流のルールを相手にも押し付ける!



「ゴルゴは自分の絶対的なルールを持っていて、それを仕事の依頼主にも強制します。



まず、ゴルゴは正体のわからない相手からの依頼は絶対に受けません。相手の素性や依頼の背景を知っておかなければ、現場でも臨機応変な対応が困難となり、仕事を完ぺきに遂行できなくなるからです。



さらに、ゴルゴは情に流されることも決してありません。一夜をともにした女性や、恩を受けた相手ですら、ルールに従わない様であれば射殺してしまいます。ビジネスにおいて、情の介入は禁物であるということを徹底して貫いているのです」



ビジネスマンとして、時に非情な判断を下さなければならない場面も必ずある。もしそこで、一時の情に左右されるような行動を取れば、後に大きな被害をこうむることになりかねないのだ。



■何をするにもまずは体が資本



「完全無欠のゴルゴも、24時間年中無休で、臨戦態勢でいるわけではありません。仕事に対するオンとオフの使いわけが明確であり、休暇をしっかり取ることで、仕事に対する集中力もアップさせています。



また、ゴルゴは自分の健康管理にも余念がありません。体が思うように動かなければ、満足のいく仕事ができないからです。完ぺきな肉体を維持するために、診療設備を満載した診療船で、人間ドックを受けたりもしているのです」



やはり、何をするにもまずは体が資本である。強靱(きょうじん)な体を持つゴルゴでさえ、入念なチェックは欠かさない。



ゴルゴの、仕事への徹底した向き合い方。そんなプロフェッショナルな姿勢こそ、読者を強く引きつけるところであり、一流ビジネスマンになるために必要不可欠な部分であるに違いない。



鏑矢光和

1956年生まれ。東京大学文学部卒。作家、劇作家、コミック研究家。

出版社勤務を経てフリーとなり、歴史ものを中心に小説や劇画原作などの執筆活動を行う。主な著書に、「ドキュメント日蓮 竜の口法難の一日」(第三文明)、「KAZE 魔雲関ヶ原の巻」(徳間書店)など多数。



(OFFICE-SANGA 塚田牧夫)