【女性編】行ってみたい工場見学ランキング
甘いものなら何でも好き!





子供たちの社会見学としても人気の工場見学の魅力と言えば、やはり試食や試飲ですね。出来立ての商品を試せるのは工場見学ならではの楽しみ。さらにお土産までもらえたら身もココロもおなか一杯です。今回は498名のマイナビ会員の女性に行ってみたい工場見学をアンケートしました。女性にも男性にもダントツ人気だったのは、北海道のお土産で有名なあの工場でした!2位以下は男女の嗜好の違いがはっきりと現れた、面白いランキング結果になりました。







Q. 行ってみたい工場見学(複数回答)

1位 白い恋人パーク(北海道) 12.9%

2位 ロッテ 浦和工場(埼玉県) 8.9%

3位 明治 坂戸工場(埼玉県) 5.6%

4位 森永 鶴見工場(神奈川県) 5.4%

5位 資生堂(神奈川県) 5.2%





■白い恋人パーク(北海道)

・「オリジナル商品が作れると聞いたことがあるので」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「白い恋人パークは建物がお城で通るたびに気になっている」(24歳/食品・飲料/技術職)

・「白い恋人をお土産によくもらうので、気になる」(27歳/マスコミ・広告/事務系専門職)





■ロッテ 浦和工場(埼玉県)

・「千葉ロッテファンなので、浦和工場と2軍の球場の両方を見学したいと思ったから」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「できたてのチョコパイを食べたいです」(28歳/その他)

・「ロッテのチョコが一番好き」(31歳/医療・福祉/専門職)





■明治 坂戸工場(埼玉県)

・「明治のチョコレートが大好きだから」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「チョコレートの製造過程が知りたい」(25歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「お菓子が好きで、好きなお菓子のできたてが食べられそうだから」(23歳/その他/事務系専門職)





■森永 鶴見工場(神奈川県)

・「森永の工場は幼稚園の遠足で行ったことがあります。そこで飲んだココアが凄く美味しかったのを覚えています」(32歳/学生)

・「お菓子をお土産にもらえそうだから」(36歳/生保・損保/事務系専門職)

・「お菓子全種類試食してみたいから」(26歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)





■資生堂(神奈川県)

・「サンプル品を期待している」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「きれいになれる秘密がありそう」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

・「食品と違い製造工程が全然想像できないから」(28歳/小売店/販売職・サービス系)





■番外編:こんな目的で行ってみたい

・資生堂(神奈川県)「社員食堂に行ってみたいので」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・ニッカウヰスキー 余市蒸留所(北海道)「なんかあっちの方はウニとか有名だし、お酒とうにを味わいに行きたい」(51歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・日本航空JAL 機体整備工場(東京都)「なんでもCAのコスプレをさせてもらい、記念写真も撮ってもらえるとか。なんだか楽しそう」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・オリオンビール名護工場(沖縄県)「沖縄に行けるから」(34歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)





総評



気になる1位は男性女性ともにダントツ人気の「白い恋人パーク(北海道)」でした。白い恋人は北海道土産の定番なので、一度は食べたことがある人も多いでしょう。その場で写真を撮って作る白い恋人オリジナル缶は工場限定です。お城のようなたたずまいも女性のココロをくすぐります。



2位〜4位には「ロッテ 浦和工場(埼玉県)」「明治 坂戸工場(埼玉県)」「森永 鶴見工場(神奈川県)」と、製菓メーカーが並びました。やはり女性は甘いお菓子に目がありません。このメーカーが好き、この製品が好き、というピンポイントなファンもいました。「わくわくファクトリー グリコピアEAST(埼玉県)」も8位にランクし、甘いお菓子のイメージがするメーカーはすべてベストテン入りを果たしました。



5位「資生堂(神奈川県)」は女性ならではのランクイン。サンプル品や化粧品のお土産に期待が高まった結果です。



男性版で2位3位に上位ランクインした「全日本空輸ANA 機体工場(東京都)」「日本航空JAL 機体整備工場(東京都)」は6位と10位でベストテン入り。女性にも大きな機体を間近に見たい!という方が思いのほかたくさんいました。

男性と決定的に違うのは、酒造メーカーが1つもベストテン入りしなかったところです。

(文・OFFICE-SANGA 関和麻子)



調査時期:2012年12月14日〜2012年12月19日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性498名

調査方法:インターネットログイン式アンケート