H&M傘下ブランド「MONKI(モンキ)」国内1号店は大阪に出店

写真拡大

 H&M(ヘネス・アンド・ マウリッツ)傘下のファッションブランド「MONKI(モンキ)」が2013年春、国内初のストアを大阪にオープンする。2013年秋には、東京にフラッグシップストアを出店する計画。2013年には「MONKI」の他、同じくH&M傘下のブランド「Weekday(ウィークデイ)」が上陸する予定だ。

H&M傘下1号店は大阪・心斎橋筋の画像を拡大

 2006年に設立された「MONKI」は、スカンジナビア発の独自の世界観を持つファッションブランド。ヨーロッパ7カ国で59店舗を展開しており、2012年には中国や香港にも進出した。「女性に自信を与え、クリエイティブなマインドを刺激すること」をブランドコンセプトに、ストリート発信のリアルクローズを約5ユーロから200ユーロ(約575円〜23,000円)の価格帯で販売している。大阪に出店する国内1号店は、ファストファッションブランドが立ち並ぶ心斎橋筋にオープン。「MONKI」ならではのユニークな世界観で演出される300?ほどのストアでは、ウェアコレクションをはじめ、シューズやアクセサリーなどを揃える。

 「MONKI」の最高執行責任者Henrik Aaen Kastberg(ヘンリック・オーエン・カストバーグ)は「『MONKI』にとってアジアは、"ホーム"のような場所。私たちはアジアと特別なつながりを感じ、大きく影響を受けてきました。私たちはヨーロッパを中心に着実にファンを増やしており、近年は中国での店舗展開においても大きな成功を収めています。それに続いて日本に進出することは、とても自然な流れであると感じています」と発表。また、ヘッド・デザイナーのTallulah Topac(タルーラ・トパック)は、「ブランドがスタートした当初から、『MONKI』は日本のストリートカルチャーとファッションにインスパイアされてきました。日本は私たちにとってDNAの一部。日本への進出によってついに1つのストーリーが完結するような、とてもエキサイティングな気分です」とコメントしている。