エヴァレースクイーンの卒業記念写真集『戦闘と日常』完全予約制で販売決定

写真拡大

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とのタイアップにより生まれたレーシングチーム「エヴァンゲリオン レーシング」で人気を博したエヴァレースクイーンの卒業記念写真集『戦闘と日常』が、完全予約制で発売されることが決定した。

2010年よりSUPER GT300クラスと鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦した「エヴァンゲリオン レーシング」だが、『エヴァ』の世界観をモチーフに制作されたマシンとともにサーキットで特に注目を集めたのが、キャラクターをモデルとした綾波レイ役の水谷望愛、アスカ役の千葉悠凪、マリ役の高塚麻奈、シンジ役の野呂陽菜、カヲル役の采女華の5名のレースクイーン。

この5名は、昨年11月にJAFグランプリ「富士スプリントカップ」のイベント会場で卒業を果たしたが、今回の写真集には彼女たちの2〜3年におよぶ「エヴァンゲリオン レーシング」レースクイーンとして活動の集大成が凝縮されている。

写真集は「戦闘と日常」をテーマに、ストーリー仕立てで構成。

サーキットでのレースクイーンコスチュームのショットから、普段は見ることができないハイレグバージョンのコスチューム、アスカのテスト用プラグスーツをモデルとしたコスチュームなどセクシーショットも満載で、戦場から解放され普通の女の子に戻っていく彼女たちの日常も切り取っている。

プロデュースは、女性フォトグラファー・田口まきが務め、水着や砂浜・プールなどアイドルのグラビア定番カットは一切なし、女性ならではのアートでセクシーな視点により、5人の魅力を全84ページに完全補完。

特別付録のメイキングDVDでは、写真集の撮影に1日密着しメイキング映像が収録される。

予約受付は、ラナタウンの販売サイト、エヴァンゲリオンストアにて1月7日よりスタート。

価格は4,800円(税別)で、完全予約販売のため2月1日(金)午前10:00までの予約部数のみの完全予約販売で、増刷・復刻の予定はないとのこと。

(C)khara