管理栄養士に聞く 「仕事に集中できる食べ物」

写真拡大

仕事や資格の勉強に取りかかろうと思っても、なんだかやる気が出なくてぼんやりしてしまったりネットサーフィンを始めてしまったり......。そんなもったいない時間を過ごさず、効率良く作業できたらいいですよね。手軽にやる気を上げる方法を、誰か教えて!

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、栄養士として働く女性。普段、一般企業の食堂で、バランスが良く、体にやさしい献立を考えているのだとか。さっそく仕事がはかどる食べ物について聞きました。

■やる気持続はアミノ酸!
「集中力の低下を防ぎ、やる気を持続させてくれるアミノ酸。『肉類』『魚介類』『乳製品』の他に、『豆類』や『穀類』にも多く含まれています。会社で食べるのなら、レトルトの味噌汁やチーズ、ナッツ類もいいかもしれませんね。ちなみに、栄養ドリンクの『リポビタンD』には、含硫アミノ酸(硫黄を含んだアミノ酸)から合成されるタウリンが含まれていますが、海外輸入のエナジードリンクのほとんどには含まれていません」

CMでおなじみの『リポビタンD』。さまざまな栄養ドリンクが同じ棚で売られていますが、成分は違うんですね。

■アミノ酸が含まれる他の食べ物は?
「美肌効果があったり、ダイエットに効果的だったりと、女性から人気の高い豆乳。実は、集中力を高めてくれる効果のあるアミノ酸が多く含まれている食材でもあります。お昼休みに、暖かい豆乳のスープを飲めば、きっと午後からのやる気を持続させてくれますよ」

アミノ酸が足りてないと、疲れやすくなったり、免疫力が低下して、風邪を引きやすくなったりもするそう。牛乳の代わりや、豆乳でホットココアや豆乳カフェラテにすれば、体もぽかぽかしそうです。

■集中力を高めてくれる食べ物って?
「人間にとって欠かせないエネルギー源であるブドウ糖。摂取することにより、副交感神経が活性化するとされています。その結果、脳がリラックスでき、集中力が高まるので、仕事や勉強にはぴったり。ブドウ糖は、バナナやぶどう、チョコレートなどに多く含まれています」

ただしチョコレートは、薬膳では身体を冷やすとされているので、摂取量には注意なのだとか。冷え症の方は注意が必要かもしれません。

身近なもので仕事や資格の勉強を効率化できるのなら、試してみて損はなさそうです。集中力ややる気が出ない......という人は、これらの食材を探しに、息抜きがてらコンビニに行ってみてくださいね!

(山本莉会/プレスラボ)