スタバとフラグメントデザインのコラボグッズ本格販売

写真拡大

 「STARBUCKS(スターバックス)」と藤原ヒロシがプロデュースする「FRAGMENT DESIGN(フラグメントデザイン)」のコラボレーショングッズが、本格展開を開始した。同氏が手がけた唯一のコンセプトストア「スターバックス コーヒー 表参道B-SIDE店」限定で、1月7日にコーヒーボトルとマグを発売。これまで限定数で販売されたグッズの人気を受け、今後は通年で販売が予定されている。

スタバ×藤原ヒロシのグッズ本格展開の画像を拡大

 スターバックス コーヒー ジャパンが展開する「FRAGMENT DESIGN」とのコラボグッズは人気が高く、表参道B-SIDE店のオープン時からこれまでマグやカードなどが限定生産されたが、いずれも即完売。新たに表参道B-SIDE店では、数量限定ではなく"いつでも買える"店舗限定グッズとして本格展開する。

 1月7日に登場した「FRAGMENT DESIGN」によるグッズは2種類で、サーモス社製の「スリムハンディーステンレスボトルHarajuku」は、ブラックとシルバーの2色展開で各3,900円。「ロゴマグHarajuku」は、「STARBUCKS」と「FRAGMENT DESIGN」のロゴ入りのシンプルなデザインで、価格は1,500円。店頭では、販売初日からすでに多くの客が買い求めているという。


■藤原ヒロシがプロデュース「スターバックス コーヒー 表参道B-SIDE店」詳細
 http://www.fashionsnap.com/news/2011-03-31/starbucks-hiroshi-fujiwara/