「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」のひとこま。

写真拡大

■志望校は超田舎にあります

「自己主張できるようで、実は溜めこむ派なんで」——宮古高校2年生、佐々木くるみさんのひとことが気になり、取材後に長文のメールを送った。

《佐々木さん、自分の進路を、具体的な学校名や会社名で決めるのは、しんどいですか? なぜ、こういう質問をするのか。取材時のノートを読み返していて、佐々木さんのひとことが絶妙に残り5人を和ませ、あの場を回していることにあらためて気づきました。佐々木さんは友だちを楽しくさせる話し方をする一方で、自分の内側の部分をあまり話さない。具体的な学校名を、会社名を、絞り込んだ職業名を挙げよ——大人たちが言ってくるこういう「要求」そのものが、ある種のしんどさになってしまう人もいるのではないか。これがこちらの仮説なのですが》

「わたしは別にしんどくないです。むしろ中学生のときから具体的な高校、大学は考えてたし、実際は同級生の中でも考えているほうだと勝手に思ってます(笑)。職業は具体的には考えてないので、漠然としたものしか言えませんでしたが。わたしは以前、自己主張が激しいと友だちから怒られました。確かに、自分をベラベラと話してて周りが見えていませんでした。なので、それ以来だれかと話すときは、聞き役に徹することが多かったです。今もそうです。訊かれたらしゃべるけど、自らは多くは語らないです。ほんとうは進路について語りたいことは山々なのです。自分でいうのもなんですが、自然と周りに気を使ってたのかもしれません。あのときは、自分だけ面白みのない話をベラベラ喋ってたらみんな退屈だろうし、時間も限られてるし……とか、いろいろ考えていました」

追加取材メールには、志望校があれば教えてほしい、とも書いた。佐々木さんからは、群馬県立女子大学と、津田塾大学の名が返ってきた。外資系企業で働きたいという佐々木さんから、英語教育に強いとされる津田塾の名が出たことに違和感はなかったが、群馬県立女子大のことは不勉強で、あらためて調べた。1980(昭和55)年開学、文学部と国際コミュニケーション学部を持つ。学部学生数957人。場所は群馬県佐波郡玉村町、前橋駅からバスで35分とある。

「群馬県立女子大に入りたいと思った理由。まず留学制度が整っているという面です。短期でも長期でも学校から補助金が出ます。次にTOEICなどの資格取得に力を入れているというところです。あと少人数教育も魅力的だと思いました。津田塾大もそうなのですが、少人数教育だと、内容の濃いキメ細かい英語教育を受けられるのではないかと考えたからです。けど群馬の超田舎にあります。今住んでる場所も超田舎にあるので少々嫌な部分があります。それに引き換え東京は憧れです。通勤ラッシュでさえ憧れを持っているほどです(笑)。たぶんすぐ嫌になると思いますが(笑)。なんでもある東京がとにかく田舎者の憧れです」

ウエブブラウザの表示限界があり、佐々木さんのメールにある多彩な絵文字を、単純な「(笑)」に置き換えざるを得ないのが残念だ。

「津田塾大は立地条件もカリキュラムも群馬県立女子大より優っています。津田塾大に行きたいと思った理由は、単に塾の先生に勧められたからです(笑)。勧められて調べたら、なんとイイかんじではないですか(笑)。少人数教育、英語学習設備の充実、二カ国語の習得など。ただ、インターネットでわからなかったのは留学制度が整っているかどうか。補助金が出れば文句なしです。津田塾大学は私立の中でもおてごろだと調べてて感じました。親に私立に入ってもいい? と聞いたら『最終的には就職できれば私立でもいい』とのことでした。つまり企業ウケのよい!? 津田塾大学はひょっとしたら有利なのでは? と思いましたがどう思われますか?」

このあと、佐々木さんとは、企業人事部が大学をどう見ているか、良き女子大とは何かといったメールをやり取りすることになる。

次に話を聞くのは、佐々木くるみさんと同じくらい場を和ませ、助け船を大量に出港させていた高校生だ。

■すごい先生がいたんです

久坂千明(ひささか・ちあき)さんは岩手県立宮古高等学校(理系クラス)2年生。お父さんは宮古市役所で土木関係の仕事をしている。「震災当時は水道担当だったんですよ。震災の時も現場にいたんで、連絡つかなくて。何日か後に、目をすごい血走らせて帰ってきた」。

久坂さんは最後に登場する赤沼涼香さんと同じ放送部に所属しており、ふたりは良き相棒だ。現時点での久坂さんの将来の志望は2つある。

「教師になりたいと思っていますけど、放送部で番組作ったりしてるんで、最近は放送部で学んだことを活かせるような、番組をつくるディレクターみたいな仕事にたずさわってみたいとも思ってます。以前、放送部の活動で、テレビ局のディレクターさんの講習を受けまして、番組作りの基本を教わり、実際にその方がつくられた番組を見ました。そのとき、こういうふうに自分で何か伝えたいことを発信していくのもいいなあと思いました」

教師は、小学校、中学校、高校とありますけれど。

「中学か高校ですね。部活の顧問とかやってみたいんです」

相棒の赤沼さんが聞く。「放送部の顧問ってこと?」。久坂さんが「まぁね」と答える。「放送部なかったら、運動部に回されるじゃん」と佐々木くるみさん。「そうなんだよね、そうなんだよね。それ、どうしよう」「大変だ」「どうしよう? 初心者ですよ」。

ええとお話し中すみません、久坂さん、中学校や高校だと、先生が科目を持ちますよね。

「数学ですかね。今、数学習ってる先生が、すごいうまいんで。教師になるには教員免状が必要ですので、教育学部が当たり前のコースかと思うんですけど、でも、うちの宮古高校は、他の学部に行って教員免状を取った理科の先生とか、教員免状を取ってからIT企業に就職して、辞めて、高校教師になったっていう先生もいるんです。そういういろんな体験をして、人ともコミュニケーション取れてる人のほうがいいのかなって思いますし。英語の先生も教育学部出身ではないですし。もしもこの先、専門にする教科とかをちゃんと理解して教えていきたいという思いがあったら、そっちの学部に進んでもいいのかなと思って」

こう言うと先生には悪いけれど、「サンプル」が身の周りにいるわけですね。

「そうです。就職することで、いろんな体験とか増えますし。最近、岩手県というか東北は、教職がすごい就職難というか、倍率厳しいんですよ。その中で教員採用試験に一発で受かるっていうのはすごいことなんですけど、中学の時に、一発で受かって、もうその年からすぐ採用っていう、すごい先生がいたんです。その先生も教育学部ではなかったんです」

しかし、そうすると、久坂さんはどういう学校のどんな学部に行けばいいのでしょうか。

「うーん……、そうなんですよ……」

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)