福岡県博多でリアル脱出ゲーム×金田一少年の事件簿・からくり館からの脱出

写真拡大

ラブエフエム国際放送は1月18日〜20日、25日〜27日の6日間、「西鉄ホール(福岡市中央区)」において、リアル脱出ゲーム「からくり館からの脱出」を開催する。

「リアル脱出ゲーム」とは、京都のフリーペーパー制作会社「SCRAP」が企画制作するもので、参加者が密室の中に隠されたアイテムやパズル、暗号を解いて制限時間内に脱出を試みる参加型謎解きゲーム。

会場はホテルやイベントホール、レジャー施設など様々で、チケットは即日完売するほどの人気イベントだという。

このほど開催する同イベントは、刊行20周年を迎えた講談社のミステリー漫画『金田一少年の事件簿』とのコラボ企画。

謎解きには、からくり(仕掛け)や推理の要素を含み、今までとはひと味違った「謎解きゲーム」になっている。

同イベントは1月18日(18時、20時30分)、19日(12時、15時、18時、20時30分)、20日(12時、15時、18時)、25日( 18時、20時30分)、26日(12時、15時、18時、20時30分)、27日(12時、15時、18時)の合計6日間18回開催。

チケットは前売り2,500円、当日3,000円だが、前売りでチケットが完売した場合、当日券は販売しない。

なお、1月18日・25日は学生割引あり。

前売り2,000円、当日2,500円。

いずれもちけっとぴあ、イープラス、ローソンチケットで販売。

セブンイレブン・サークルKサンクス、ファミリーマート、ローソンでも取り扱う。