東京都港区・大倉集古館が日本絵画の館蔵品展「画の東西」を開催

写真拡大

大倉集古館は3月17日まで、館蔵品展「画の東西〜近世近代絵画による美の競演・西から東から〜」 を開催している。

同展は、同館の所蔵する日本絵画の作品を、「それらが生まれた地域を西・東に分け陳(の)べる」という角度から鑑賞できる試み。

京を中心とする西からは狩野派の山口雪渓や円山四条派の円山応挙と呉春、近代京都画壇の雄・竹内栖鳳、また活動の初期を四条派に学んだ川合玉堂などの画業を展観する。

一方、江戸に拠を移した東の作例としては、探幽を始めとする江戸狩野の画家と、その伝統を基にさらなる発展を刻んだ横山大観などが選ばれた。

西から東から、広がりながら継承されていく美の姿を楽しめる展示となっている。

会期は、1月2日〜3月17日。

開館時間は10時〜16時30分(入館は16時まで)。

休館日は月曜日(1月14日、2月11日は開館)。

入館料は大人800円、65歳以上のシニア、大学生・高校生は500円。

その他、詳細は同館Webサイトまで。