セコムが世界初、民間防犯用の自律型小型飛行監視ロボットを開発

写真拡大

セコムは先月26日、民間防犯用としては世界初の、自律型の小型飛行監視ロボットの試作機を開発し、同社の本社で報道発表を行った。

同機は、同社がこれまでに培ってきた画像解析技術やセンシング技術、ロボット技術などを駆使して開発された自律型ロボット。

同社の各種オンライン・セキュリティシステムとロボットが連動することで、敷地内への侵入など異常発生時に、自律飛行により対象の人や車などに接近・追跡。

不審者の特徴を鮮明に画像として記録し送信することができ、より迅速な対応が可能となるという。

同社では現在、実用化に向けて研究開発を進めているとしている。