周囲から見て「困った人」とレッテルを貼られやすいバブル世代の“バブルさん”、ゆとり世代の“ゆとりちゃん”。当連載では、そんな2つの世代を対象に、 就職氷河期世代の“氷河期くん”(またはその他の世代)がどう円滑な人間関係を築くべきか研究していく。親愛なるバブルさん、ゆとりちゃん、どうか温かい目で見守って欲しい。そして同志である氷河期くんには、ぜひ考え方の合わない上司&部下に対処するときの参考にしていただきたい。

さて、連載50回を一区切りとして今年6月に定期更新を終了した当コーナーだが、不定期更新として第51回を執筆することになった。今回はTwitterで政治的な発言を続けるゆとり世代の男性(平成元年生まれ、23歳)にご登場いただく。このゆとりくん、大学4年生ながら未だに内定はなし。就職活動での挫折から、内定をもらっている周囲の友人を妬み、悪口を言う始末だ。そのせいで徐々に友達が少なくなってきているという彼は、どうしたら内定を取れるのだろうか。

【今回のゆとりちゃん】
山井 翼(仮名)
年齢:23歳(1989年生まれ)
最終学歴:都内私立大学(在学中)
現在の住まい:相模原市
出身地:神奈川県
婚姻:独身
希望職種:広告系、メディア系

希望業種と大学名を
ネットでさらすとdisられた!

――この連載、読んだことありますか?

 あります。

――ゆとり世代が悪く紹介されてたりもするんですけど、大丈夫ですか?

 大丈夫です。ゆとり世代がバカにされるのは慣れているので。

――それは良かった。いや、よくないのか。じゃあ、ゆとり世代がバカにされるって言ってたけど、その批判内容から聞こうかな。

 僕はTwitterで自分の考えとかをつぶやいているんですが、プロフィール欄に“××大学4年生”と書いていて年齢が分かってしまうので、匿名のアカウントに“ゆとりは黙ってろ”とdisられてしまう(軽蔑、侮辱されてしまう)んです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)