2013年最強伝説始動。世界一の超高層ビルが火を吹きまくるドバイのニューイヤー・イベント(動画あり)

写真拡大


な、なんじゃこりゃあああああ!

なんでもかんでも超エクストリームな街ドバイですが、ニューイヤー・イベントも同じ地球上の街とは思えない豪華絢爛(けんらん)な熱気で溢れかえっていたようです。

中央にどどーんとそびえるのは、高さ829.6メートル(2722フィート)を誇る世界一の超高層ビル「ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)」。もはや花火専用ビルなんじゃないかと思うような炸裂っぷりですね。

日本の花火と比較すると、2012年の隅田川花火大会で最大の花火が5号玉。これは高度190メートル、サイズが半径85メートルで、ブルジュ・ハリファの高さには遠く及びません。記事冒頭の画像でいうと、下から二番目の傘くらいの高さでしょうか。

そして、長岡まつり花火大会の超巨大花火が30号玉で、高度600メートル、半径275メートル。あの花火のてっぺんと同じくらいの高さのビルが上から下まで常時どっかんどっかん燃えさかっているところを想像すると、ブルジュ・ハリファの規模感とだいたい一致するようです。


130103dubai-new-year_02130103dubai-new-year_03


さて、このケタはずれなイベントを素晴らしい写真におさめたジェラルド・ドノバン(Gerald Donovan)さんは、いったいどうやって撮影に成功したのでしょうか?

ご本人によると、まず撮影場所はブルジュ・ハリファから数百メートル離れたアドレス・ダウンタウン(Address Downtown)の40階をセレクトしたそうです。撮影機材は、中判のPhase One IQ180デジタルバック(8000万画素)をHartbleiのHCamに取り付け、レンズはCanonのTS-E 17mmを使用。このようにして、中判センサーで最大限の画角を確保したそうですよ。ドノバンさん曰く、ほかの機材の組み合わせで撮影するのは基本的に不可能ということです。

それにしても、完全に異次元の世界ですよね。公式のハイライト動画を見ただけでもその迫力に圧倒されますが、これを生で観れたら世界を見る目が変わりそうです。一生に一度でいいからドバイで新年を迎えてみたいなぁ...。



そんなドバイは、今年も多くの伝説を残してくれそうです。


日本の花火

Rumi(Jesus Diaz 米版