同棲中のカップルが、あったらよかったと思う設備とは?

写真拡大

一人暮らしでは支障なかったことでも、2人で暮らすと意外なことが不便に感じられるもの。

そんな不便を感じずに済むよう、同棲を始める前に、必要な設備は知っておきたいですよね。

「マイナビ賃貸」では、同棲中のカップルに「住んでから欲しくなった家の設備」について聞いてみました。

■防音設備(女性/埼玉県/22歳)「同棲してからけんかが多くなり、近所に迷惑をかけていないか不安。

防音効果があれば、思い切り大声を出せるのに……と思います」一人暮らしに比べ会話が増える分、壁の薄い家ではご近所トラブルになる可能性も。

とはいえ、けんかしないよう、仲良く暮らす努力をすればいいのに……と思わずにいられません。

■キッチンの棚の広さ(男性/神奈川県/28歳)「一人暮らしのころはキッチンの棚に収納できていた食器も、2人暮らしになると数が増えて、収まりきらなくなってしまいました。

かといって、ゆくゆく結婚して子どもが生まれれば、引っ越したり、より多くを収納できる食器棚を買ったりすると思うので、今2人暮らし用の食器棚を買うのはもったいない気が……」他に、「靴箱。

一人暮らしで靴箱が無くてもなんとかやりくりできそうだけど、2人暮らしだと死活問題。

玄関が靴の山になります」(男性/東京都/33歳)という意見も。

収納スペースは細かい箇所まで、しっかり確認しておいた方がよさそうです。

■トイレの窓(女性/大阪府/26歳)「女子特有の悩みかもしれませんが、トイレを使った後、換気扇だけでは心もとないことがあります。

そんなとき、ちゃんと窓を開けて換気できたらいいのに……といつも思ってしまいます」気になるトイレ後の匂い。

「換気用の窓が欲しい!」と直球で言うのが恥ずかしい場合は、お家選びの際にさりげなく、「窓があればトイレが明るく見えそう」なんて提案してみるのもいいかもしれません。

■備え付けの食洗機(女性/京都府/29歳)「食器を洗うのが面倒。

ついためがちになってしまうのですが、2人分だと1日洗わないだけで食器が山のようになってしまうこともあります。

そんなとき、友達カップルの家で、備え付けの食洗機を発見。

食洗機は買うものだとばかり思っていたので、備え付け物件があるなら探せばよかった……と後悔しました」他人の家の設備を見て、うちにもあれば……と気が付くことも少なくないもの。

同棲を始める前に、一度友達カップルの家に遊びに行ってみるものいい方法かもしれません。

他にも「浴室乾燥機。

付いているものだと思ってたけど、築年数の古い家にはなかった」(女性/愛知県/24歳)という方も。

これから同棲を始めるという皆さんは、家賃や間取りだけでなく、設備面もチェックしてみてください。

(山本莉会/プレスラボ)