新幹線、年間の平均遅延は36秒

ざっくり言うと

  • 年間約12万本を運行する東海道新幹線で1列車あたりの平均遅延時間が36秒と発表
  • 単に速いだけでなく、安全性、快適さ、正確な運行と“総合力”は他の追随を許さない
  • 昭和39年、時速200キロ超運転という世界初の高速鉄道を実現した新幹線
  • 約半世紀にわたる不断の努力の結果、いまなお進化を続けている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング