生活保護、200万人以上に3.5兆円

ざっくり言うと

  • 厚生労働省によると、戦後の混乱期には約200万人が生活保護費を受給
  • 減少傾向となりバブル経済を経て平成7年には過去最低となった
  • バブル後、受給者は増加に転じ、リーマン・ショックなどに伴う世界金融危機後は急増
  • 給額も21年度に3兆円を突破。24年度は約3兆7千億円になる見通し

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング