ミューズは″おばあちゃん″ MUVEIL中山路子による本格ジュエリーブランドデビュー

写真拡大

 「MUVEIL(ミュベール)」のデザイナー中山路子が、「Vendome Aoyama(ヴァンドーム青山)」とともにジュエリーブランド「GRANDMATIC(グランマティック)」を立ち上げる。ブランドのミューズはグランマ(=おばあちゃん)。中山路子がディレクションしたコスチュームジュエリーやリアルジュエリーに加え、1点もののヴィンテージを取り扱う。

おばあちゃんがミューズのジュエリーブランド始動の画像を拡大

 「GRANDMATIC」は、グランマが長い年月をかけて愛用してきた宝石のように普遍的な魅力のあるジュエリーブランドを目指す。デビューコレクションでは、ゴールドやシルバー、メタル、天然石などの多彩なマテリアルを使用したリングやピアス、イヤリング、ブレスレッド、ネックレスなど約260型を販売予定。価格は5,000円から120,000円まで(予価)。服のコレクションに合わせ、年4回新しいコレクションが発表される。3月6日に伊勢丹新宿店本館1階にショップをオープン。その後、取り扱い店舗拡大を計画しているという。

 デビューコレクションのヴィジュアルでは、「MUVEIL」のウェアコレクションと「GRANDMATIC」のジュエリーをスタイリングし、「GRANDMATIC」が思い描く美しい"グランマ"像を表現。「Vendome Aoyama」を運営するヴァンドームヤマダの担当者は、「何か新しいジュエリーを提案したい、と模索していた時に中山さんと出会いともにブランドを立ち上げることになりました。ブランドのコンセプトはもちろん、パールひとつにしてもデザインによって3種類のものを使い分けるなど、中山さんならではの素材合せやデザインなどにも新しさを感じています」と話している。