スタンダードタイプ・金属枠のキルティング柄(ローズピンク)

写真拡大

シヤチハタは、「シヤチハタ印鑑ケース」シリーズから、朱肉付きの「スタンダードタイプ」を2013年1月7日に、大きな印鑑も入る「お財布タイプ」を1月15日にそれぞれ発売する。

全24種類

デザイン違いの全24種類がラインアップされ、朱肉付きの「スタンダードタイプ」では、高級感漂う金属枠を用いたタイプ(各2625円)と、強化樹脂製の枠を採用した丈夫で軽量なタイプ(各1575円)の2種類を用意した。内装にはそれぞれの外装に合わせて選んだ生地を採用したほか、シヤチハタ朱の油を使った朱肉が付いている。直径12×長さ60ミリまでの印鑑を1本収納可能だ。

一方、財布のような「がま口」が特徴的な「お財布タイプ」(各840円)には直径18×長さ60ミリまでの印鑑を1本収納できる横入れ用と、直径16.5×長さ60ミリまでの縦入れ用がある。印鑑が触れる裏地には、朱の油が染み込みにくいナイロン素材を採用している。こちらには朱肉は付いていない。