宮古は鮭の街。マンホールの蓋も鮭(2012年1月撮影)。

写真拡大

■「魅力は、バカなことです」

宮古高校1年生の佐々木勇士さんは経営者志望。佐々木さんは「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」で、合州国で働く日本人起業家に会った。彼らから何を学びましたか。

「海外に出て行って、実体験を増やしていきたいと思いました。語学とかもそうなんですけど、自分にないところを補える人とか、そういう人に会えるように、自分の魅力を鍛えておかないといけないなと思いました」

佐々木さんの鍛えるべき魅力とは何でしょう。

「魅力は、バカなことです(笑)。他の人と違う考え方。ずっと中学校からは、他の人がやってるのと同じことは嫌だったんで、違うことやってきてるんで」

横で久保田さんが「我が意を得たり」と喜んでいる。佐々木さん、内外問わず、かっこいいと思う経営者はいますか。

「最近気になっているのは、Facebook のマーク・ザッカーバーグさんです。経営方法や資金の集め方など、だれもが考えないような方法で為されていて、その発想力や考え方に興味があります。日本だとやっぱり孫さんですね。なんか他の会社の社長とかと違って、16歳とか若いころから世界に行ってる人だから、自分たちとちょっと世界が違うっていうか、見てるものも違うと思うから、憧れるっていうのが一番。『目標』にはまだできないかんじです」

佐々木さんは12月にある機会を得て東京に来た。そのとき、孫正義に直接会っている。その詳しい話は連載の最後のほうに書くことになるだろう。ここでは、佐々木さんが直接会った孫正義の印象をひとことだけ書いておく。

「街中に一人で歩いていても気がつかないような人です」

宮古にも企業経営者はいます。会ってみたい社長はいますか。

「特にいないです。興味がないんです。ここら辺で俺が知ってる社長とかっていうのは、なんか土木関係とか水産関係とかっていう、体動かしたり、モノをつくったりっていう人たちのほうが多くて。自分がやろうと思っているのは、そういうのではなくて、デジタルとか、現実世界とはちょっと違うようなところにも出れるようなもので、そういう会社っていうのは、今、宮古にはなくて。ここらだと、そういう経営者に触れることもないんで」

ちなみに佐々木さんのお父さんは岩手県の職員。「土木部の運転手をしています。震災のときは盛岡と宮古の間くらいの山の中にいて、何が起きているのかよくわからなかったらしいんですけど。その後は、人手が足りないから、遺体の引き上げとか、ぜんぶやってたと聞きました」。

宮古市は広い。合併を繰り返して、岩手県の市町村の中でもっとも広い行政区域となった。江戸時代に南部藩の代官所が置かれた宮古と、外港として栄え、現在は魚市場がある鍬ヶ崎(くわがさき)が合併して宮古町となったのが1924(大正13)年。1941(昭和16)年には山口村、千徳村、磯鶏村の1町3村が合併して宮古市となる。1955(昭和30)年に花輪村、津軽石村、崎山村、重茂村の1市4村を宮古市に編入。2005(平成17)年には北隣の田老町、内陸の新里村を編入。そして震災前年の2010(平成22)年には山間部の川井村を編入し、盛岡市と隣り合う市に拡大した。

結果、同じ「宮古市内」でも、宮古駅周辺のように3〜4メートルの津波を受けながら、すばやい復旧を見せたところもあれば、20メートル近い津波に巨大堤防が破壊され、街が壊滅した田老地区のような場所もある。 2012(平成24)年11月の時点で、宮古市の死者は517人、行方不明者94人。拡大を続けた市であるために「宮古では」ということばで被災状況を語ることは難しい。

次に話を聞いたのは、お父さんがガソリンスタンドを経営しているという高校生だ。

■お母さんのマッサージ

最上沙季(もがみ・さき)さんは宮古商業高校(流通経済科)2年生。お父さんはガソリンスタンドを経営している。

「ガソリンスタンドと、あと、水道とかの仕事もやっています。震災の直後は、破裂した水道を止めて歩いたり、残っている家の水道管を直したりしたそうです。ガソリンスタンドのほうでは、自衛隊の車や緊急車両などにガソリンを詰め続けたそうです。見ていて、父の仕事が頼りにされているんだなと思いました。『忙しくて大変だ』と父は言っていて、体を壊さなければいいなと思っていました。母は、父の仕事の事務をやっています」

震災から3日後、3月14日に陸上自衛隊札幌病院の医療チームが宮古市避難所に入った。22日には宮古港に海上自衛隊の多用途支援艦「あまくさ」が救援物資を陸揚げし、陸自に引き渡す。26日には陸自の給食支援と入浴支援が開始された。宮古市内の公道上の車両(1300両)撤去が完了したのは3月23日。上下水道が100%復旧したのは4月15日。その間、いやそのあとも、最上さんのお父さんとお母さんは休みなしで働いていたのではないか。そのお母さんから言われたひとことが、最上さんが「将来やってみたいこと」のきっかけになっている。

「理学療法士をやってみたいなって思ってます。中学生くらいのとき、こういう仕事があるって知りました。体の不自由な人とかのマッサージとか、リハビリして歩けるようにお手伝いするとか、そういう仕事です。お母さんのマッサージをしているとき、『気持ちよかった』とか言われると、いいなあって思って。こういうことをお年寄りの人とかにできたら、喜んでもらえるのがいいなと思って」

理学療法士になるには、どうすればいいんですか?

「資格がいちばん大切かなとは思ってます。どういうふうに取ればいいのかは、まだよくわからないんです」

調べてみた。理学療法士は厚生労働省管轄の国家資格だ。年に一度、全国8カ所で試験が開催される。宮古からいちばん近い会場は仙台となる。文部科学大臣指定の学校か、厚労大臣指定の理学療法士養成施設で3年以上、知識と技能を修得した者に受験資格がある。《理学療法士を一言でいうならば動作の専門家です。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します》という明快な説明を記している日本理学療法士協会のウエブサイトで「理学療法士養成校一覧」を見ると、大学90校、短大5校、4年制学校(専門学校)76校の名があるが、岩手県にはひとつもない。3年制(専門学校)80校の中に、ようやく岩手の学校がひとつ現れる。

最上さんは、宮古商業高校を卒業したあと、どういう進路を考えていますか。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)