三重県の志摩マリンレジャー、鳥羽港沖の豪華客船を観覧できるクルーズ開催

写真拡大

志摩マリンレジャー(三重県鳥羽市)は2013年1月より、鳥羽港沖に飛鳥2(あすかツー)などの豪華客船が入港することを発表した。

同園プログラム「鳥羽湾めぐりとイルカ島」でもそれらの客船を観覧できるという。

入港する豪華客船は飛鳥2(5万142トン)をはじめ、ふじ丸(2万3,235トン)、ぱしふぃっくびいなす(2万6,594トン)、コスタビクトリア(7万5,116トン)、にっぽん丸(2万2,472トン)など。

2013年1月5日から11月14日にかけて入港する。

入港日は同園のプログラム「鳥羽湾めぐりとイルカ島」コースが、豪華客船観覧クルーズになる。

イルカと触れ合えるイルカ島や、鳥羽湾の中でも最も風光明媚(ふうこうめいび)と言われる「志摩の松島」をめぐるほか、停泊中の豪華客船の迫力を海上から間近で見ることができる。

料金は大人1,700円、小人(小学生)900円。

イルカ島の入園はフリー。

豪華客船の入港日については、同園サイトで公開している。