お正月に残った餅でつくる「チーズ焼き煎餅」

写真拡大

お正月のお雑煮用に買った餅。

残ってしまっている……という家庭は多いのでは? そろそろお雑煮も飽きた頃ということで、ここでは余った餅の活用レシピを紹介する。

レシピ考案は人気ブロガーの筋肉料理人さんだ。

材料(2人分)餅 100g程度 / ピザ用チーズ 40g / 干しエビ 小さじ4 お好みでマヨネーズ・ケチャップ・醤油・ポン酢などつくり方餅は電子レンジ(500wで30秒)で加熱し、やわらかくなったら湿らせた包丁でサイコロに切る。

フッ素樹脂加工のフライパン(油は引かないか薄く引く程度)に餅を4カ所に分けてのせ、ピザ用チーズと干しエビを散らす。

フタをして、弱火で加熱。

ピザ用チーズが溶けて焼き色がついたらフライ返しで返し、再びフタをして餅がやわらかくなるまで3分〜5分焼いてできあがり。

「お好みでケチャップ、マヨネーズ、醤油、ポン酢などつけてどうぞ。

焼き目のついたチーズのサクサク食感と旨み、香りがポイントです。

干しエビの香ばしさで、やわらかく焼けた餅を一層おいしくいただけます。

おやつはもちろん、酒の肴にもぴったりです」(筋肉料理人さん)。

筋肉料理人1963年6月生まれ。

佐賀県在住。

自営業のかたわら、居酒屋で料理人としても働く。

2009年からは佐賀県三養基郡みやき町保有の元民間保養施設で食文化コーディネーターとしても活躍。

趣味は料理、バイク、アウトドア、筋トレ、熱帯魚。

子供は中学生と小学生の2人。

日々料理を楽しみ、筋トレ、プチダイエットも継続中。

超人気レシピブログ「魚料理と簡単レシピ」も執筆。