熊本県から九州全域へと進出中! 「ちくわサラダ」ってどんなお惣菜?

写真拡大

熊本県内にある一般的スーパーのお惣菜コーナーで、謎のちくわメニューがひそかな人気を博し、それが県下全域に広がって定番メニュー化していると聞いたのは半年ほど前のこと。

その名も「ちくわサラダ」という。

今回は、おそらく他県の人々は聞いたこともないであろう、この熊本の超ローカルお惣菜情報をレポートしたい。

一言で説明すれば、これは「詰め物」だ。

ちくわの穴にポテトサラダを詰め込み、からっと天ぷらに揚げた一品。

ポテトサラダとちくわをまとめて揚げるという、想像しただけでも重たげなこのレシピ、一体誰が考案したのか……。

そのルーツをたどると、発祥地は熊本に本店を置く総菜専門チェーン店「ヒライ」の厨房(ちゅうぼう)だった。

それではと、市内から郊外へと抜ける国道沿いの「ヒライ」店舗へと確かめに行くと、あるわあるわ。

入り口正面に「ヒライ名物おかず ちくわサラダ150円」との札まで掲げて、ジャンジャン並んでいるではないか。

ちくわは、手のひら大の大きさがあり、1個でもう十分よという存在感である。

しかもポテトサラダを詰め込まれてパンパンにふくらんでいる……見るからに重そう。

胃にずっしりきそう。

ヒライでは、イートインもできる。

「ちくわサラダ」初体験。

早速温めてもらって食べてみる。

むむ! これはうまい。

ポテトサラダの濃厚な味わいに、フライちくわのサクサク感が、絶妙にマッチしている。

おかずはもちろん、子供のおやつとしても通るし、父さんのビールでは間違いなくウケる味だ。

バリエーションとしては、元祖ちくわサラダの他に、ちくわタママヨ、ちくわサラダミニ、アスパラちくわサラダなど詰め物の違いで数種があるとのこと。

「ヒライ」商品開発部の堀川さんに聞いてみると、「人気の定番総菜だったポテトサラダと、ちくわとを一緒にしたら、人気も倍になるのでは?」との実に単純な発想から30年くらい前にできたという。

今では「ヒライ」以外の熊本市内のスーパーの総菜売り場にも、日常的に見るまでに広がっている。

家庭でポテトサラダを残すと、ちくわサラダにしてしまうという奥さま方の証言もあった。

今や熊本を越えて、福岡エリアのスーパーへも進出している「ちくわサラダ」。

確実に九州全域へと生息圏を広げてきているようだ。

単純でうまいものは一気に全国区になる。

そのうち東京の高級スーパーに「ちくわサラダ」が並ぶ日も、近いのかもしれない。