覚せい剤使用の男性、無罪確定へ

ざっくり言うと

  • 覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われた被告を逆転無罪とした二審東京高裁判決
  • 東京高検は上告を断念、被告の無罪が確定する
  • 高裁は、「覚せい剤を注射するよう強要された」とした被告の主張を信用できると判断

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング