ツアー通算3勝のプロゴルファー、佐々木久行さんが滞在先のタイ・バンコクで心不全のため急死していたことが分かった。享年48歳。
 佐々木さんは15歳からゴルフを始め、185センチの恵まれた体格を生かし1986年にプロ転向。94年には「日本シリーズ」、翌95年には「日本プロゴルフ選手権」で勝利。“公式戦男”の異名を取った。
 50歳から参加資格を得られるシニアツアー参戦に向け、タイでもトレーニングと調整を行っていたという佐々木さん。葬儀は遺体が日本に戻ってから行われる予定。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
佐々木久行さんのプロフィールなど
国内男子ツアーのスケジュール