お部屋選びで「眺望」は重視する? 坂の上に住むメリットとデメリット

写真拡大

毎日、自宅からすてきな景色が見られたら──、うれしいですよね。

みなさんは、お部屋を選ぶとき、眺望はどの程度、重視しますか? ホームドラマに出てくるような「坂の上の物件」、なんていうセレクトはどうでしょう? 今回「マイナビ賃貸」では、社会人240人にちょっと気になる「坂の上の物件」についてアンケートを実施。

住みたい理由、住みたくない理由をそれぞれ聞いてみました。

■部屋探しをするとき眺望の良さを重視しますか?はい・・・・・・40.3%いいえ・・・・・・59.7%■坂の上の物件について、どう思いますか?住みたい・・・・・・23.5%住みたくない・・・・・・73.5%その他・・・・・・3%アンケートの結果、「眺望を重視しない」という人が過半数以上。

眺望を重要視する人は、それほど多くないようです。

坂の上の物件には「住みたくない」という人は、73.5%にものぼりました。

■坂の上の物件に住みたくない理由は?坂の上の物件に「住みたくない」と答えた人に、その理由を聞いてみると?・「景観は良さそうだけど、坂の上り下りが心配。

年をとってからさらに苦しくなりそうだし、遠慮したい」(男性/48歳/広島県)・「友人宅が坂の上にあり、よく遊びに行っていたけれど、やはり上るのが大変。

展望を重視するなら高層マンションを選ぶかも」(男性/33歳/福岡県)・「坂の上に生活圏がすべて収まっているならいいけど、徒歩での移動に余計な労力がかかりそう」(男性/25歳/東京都)・「高所恐怖症だから」(女性/34歳/埼玉県)・「自転車での移動を考えるととても無理。

冬場の道の凍結も心配」 (男性/44歳/千葉県)・「疲れて帰ってきて坂を上るのは耐えられない。

体調が悪いときはなおさら」(女性/24歳/岐阜県)・「実家が坂の上にあるが、大量の買い物のあとは相当しんどい」(男性/36歳/神奈川県)■坂の上の物件に住みたい理由は?それでは、少数派だった、「住みたい」派の意見はどうでしょうか。

・「ほかの家の壁を見て暮らすのはイヤだし、交通量が少なそうなので、子どもが事故にあうリスクが低い気がする」(男性/38歳/福岡県)・「今のご時世、津波のイメージが大きすぎる。

坂の上なら津波の被害も軽減できるはず」(男性/25歳/千葉県)・「見晴らしが良く、また、強制的に運動することになり、健康にもいいのでは?」(男性/50歳以上/栃木県)・「現在、坂の上の物件に住んでいるのですが、眺望の良さが気に入っています。

(坂の上の物件は)4階でも、坂の下の15階ぐらいになるので、見晴らしが良く、圧迫感もありません」(男性/46歳/兵庫県)・「過去に住んでいたが、自然に風が入ってくるのでとても快適だった。

空模様がよくわかり、四季を大切にできるのも魅力」(女性/33歳/東京都)「住みたい」派は、やはり「眺望」に魅力を感じているようです。

でもその最大のメリットも、「毎日の坂の上り下り」というデメリットのほうが優先され「坂の上の物件には住みたくない」という意見が多く見られました。

また、「駅からの近さや物件の間取り、設備、価格が希望に合えばどちらでも」(女性/32歳/群馬県)、「気に入った物件が坂の上なら坂の上でいいし、坂の上でないならそれでもいい」(男性/23歳/東京都)という、重要なのは、坂の上、下にあるということではなく、物件そのものが気に入ればそれでいいという意見もありました。

物件のどんな部分を重要視するかは人それぞれ。

眺望、毎日の坂の上り下り、あなたが重要視するのはどちらでしょうか。

文・エフスタイルアンケート対象:マイナビニュース会員調査期間:2012年12月14日〜2012年12月20日有効回答:240件調査手法:インターネットログイン式アンケート