Jリーグのクラブ名の由来知ってる?



Jリーグに所属する日本のサッカークラブの名前にはさまざまな意味が込められていたりします。例えば、東京都をホームとする『東京ヴェルディ』の「ヴェルディ」はポルトガル語で緑という意味の単語「VERDE」が由来となっていたりします。今回は、そんな日本のサッカークラブたちの名前の由来を紹介します。



●逆から読みました! 『コンサドーレ札幌』

コンサドーレ札幌のクラブ名は、「北海道生まれの人」という意味の「道産子」を逆から読んだ「コンサド」に称賛のかけ声の「オーレ」を足して作られました。公募によって決定されたものです。北海道ならではの言葉が織り込まれていていいですよね。



●頭文字S! 『清水エスパルス』

清水エスパルスの「エスパルス」をローマ字表記にすると「S-Pulse」となります。先頭の「S」は静岡・清水・サッカーの頭文字。「Pulse」は英語で「心臓の鼓動」という意味です。サッカーを愛する静岡、清水の人々の情熱を表しています。



●がんばるだけじゃない! 『ガンバ大阪』

ガンバ大阪というクラブ名を聞くと、日本語の「がんばる」が由来だと思いがちですが、それだけではありません。実は「ガンバ」とはイタリア語で「脚」という意味。サッカーの基本である脚をクラブ名として強調することで、シンプルに強いクラブであることを意味しています。



●港町横浜ならでは! 『横浜F・マリノス』

横浜F・マリノスの「マリノス」とはスペイン語で「船乗り」という意味です。国際貿易都市である横浜市をホームタウンにしているクラブならではの名前ですよね。ちなみに横浜とマリノスの間にある「F」ですが、これは同じく横浜をホームタウンにしていた『横浜フリューゲルス』を吸収合併した際に、フリューゲルスの頭文字である「F」がつきました。



●なんでエイトなのかというと……。『名古屋グランパスエイト』

名古屋市をホームタウンにする名古屋グランパスエイト。「グランパス」は英語で鯱(しゃち)という意味。名古屋のシンボルともいえますよね。では「エイト」はなんなのでしょうか? 実はこれ、名古屋市の記章である「八」の字からつけられているのです。サポーターやサッカー好き以外だと、「なんでエイトなの?」と思う人も多いかと思いますが、これでスッキリですね!



●三本の矢! 『サンフレッチェ広島』

サンフレッチェ広島の「サンフレッチェ」は、数字の3(さん)とイタリア語で「矢」を意味する「フレッチェ」を合わせたものです。つまり「三本の矢」。かつて広島県(安芸国)を治めていた戦国武将・毛利元就の故事が由来となっています。





●控えおろう! 『水戸ホーリーホック』

茨城県の水戸市をホームタウンにしている水戸ホーリーホック。「ホーリーホック」を日本語にすると「葵」。つまり、かの有名な水戸黄門こと水戸光圀公の「葵の紋」が由来となっています。エンブレムも水戸藩の家紋「三つ葉葵」になっていたりしますよ。



●これぞ温泉! 『ザスパ草津』

群馬県全県をホームとして活動するザスパ草津ですが、クラブ名の由来はズバリ「The spa」(ザ スパ)。日本語だと「これぞ温泉!」という感じですね。温泉の町草津ならではのクラブ名です(笑)。







ヨーロッパでは地名にFC(フットボールクラブ)などをつけただけのシンプルなクラブが多いですが、こうしたいろいろな意味を持つクラブ名はよく考えられていて面白いですよね。ほかにもまだまだ面白い由来のサッカークラブがあるので、気になる方はぜひ調べてみてください! そのままサポーターになってしまうかもしれませんよ!?



(貫井康徳@dcp)