あなたの時給はいくら? 数字力を身につけるトレーニングをしよう

写真拡大

会社の売上、日々の仕事の達成度、イベントの集客、提案書の内容などビジネスの世界において至るところで必要とされるのは、数字で物事を考える力でしょう。そこで、数字力を身につけるためのトレーニングを『29 歳までに手に入れたい5つの箱』の中からご紹介します。

■自分の時給を計算してみよう

自分の時給を正確に知っている人はなかなかいないと思います。まずは、自分の時給がいくらか計算してみましょう。

あなたの一日の平均勤務時間は、残業も含めると何時間であるか考えてください。次に、月給を出社日で割ってみましょう。そうして得られた日給を一日の勤務時間で割ってみると時給が計算できます。パソコンを眺めていただけの時間や、眠くなってしまって集中力が落ちていた時間など、どの時間にも時給は発生していると考えてみると、無駄な時間をなくそうという意識が働いてきますね。

■自分の利益貢献料を計算してみよう

自分の時給以上に大事なのが、いったい自分がどれだけ会社に貢献しているかです。正確に計算することは難しいですが、自分がどれくらい利益に貢献しているかも計算することができます。

まず、自分が携わっているプロジェクトの一人あたりの売上を計算してみましょう。例えば、100万円の売上を持つプロジェクトに10人で参加していれば、一人あたりの売上は10万円です。そのようなプロジェクトを月に4件抱えているとします。次に、毎月の給料を考えます。給料を20万円貰っていると仮定しましょう。売上の合計から給料をひくと利益貢献料が計算で出てきます。ここでは、10×4−20=20万円が会社に対する利益貢献料になります。

忙しく働いているつもりであっても、実際のところ会社にそれほど貢献していない場合が多いことにも気付かされます。

自分が会社にとってどの程度の貢献をしているかということを計算することは、数字力を身につけるための第一歩です。現役放送作家で、会社経営者の上岡正明氏が著した『29 歳までに手に入れたい5つの箱』では、もっと広い視野で数字力を身につけるための方法も紹介されているので、自分の数字力に自身の無い人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

「一生、仕事に困らない! 29歳までに手に入れたい5つの箱(上岡正明)」の詳細を調べる